べにーのGinger Booker Club

神社仏閣ラブ(弛め)

「鎮守氷川神社」(川口市)〜プチ武蔵国旅

10/29。
調神社」の参拝を終え、さてどうしたものか……わりとミーハーな部分もあるので、そういえば埼玉に御朱印で有名なところがあるな……と思い、川口市「鎮守氷川神社へ。

 

○こちら===>>>

chinjyu-hikawa.or.jp

 

……とりあえず、駅から結構あるので、バスとかタクシーとか使った方がいいと思います(闇の宴の翌日で、歩くのは結構しんどかった……)。

 

f:id:bennybebad:20181029125444j:plain

正面。

 

f:id:bennybebad:20181029125717j:plain

七五三詣での季節で、この時期どこの神社もにぎわっていることを忘れているので、人気がいなくなるまで境内をうろうろ……こちらは本殿。

 

f:id:bennybebad:20181029125759j:plain

f:id:bennybebad:20181029125805j:plain

f:id:bennybebad:20181029125815j:plain

境内社の「稲荷神社」。
もともとは「椎之木稲荷神社」だったのかな。

 

f:id:bennybebad:20181029125848j:plain

本殿を後方から。

 

f:id:bennybebad:20181029125917j:plain

三峰神社」。

 

f:id:bennybebad:20181029125953j:plain

「天神社」。

 

f:id:bennybebad:20181029130039j:plain

不動尊堂」。

 

f:id:bennybebad:20181029130106j:plain

「磯前神社」。
大己貴命」が御祭神ですか。

 

f:id:bennybebad:20181029130135j:plain

「弁天社」。

 

f:id:bennybebad:20181029130312j:plain

「鎮守氷川神社御由緒
御縁起(歴史)
当社は、見沼などの多くの沼の水を集めて流れる芝川の右岸に鎮座する。勧請年代は明らかではないが、見沼を神沼とする氷川神社さいたま市大宮区高鼻町鎮座)の祭祀圏にあり直系とされている。室町時代(七百余年前)の初期の創建にかかる武蔵国の古社で、現存する棟札などの造営資料から室町期には既に足立郡芝郷青木村の惣鎮守として広く諸人の崇敬を集めていたことがわかる。
御祭神は伊邪那岐神伊邪那美神の御子である素盞嗚命櫛稲田姫命の夫婦神を主祭神とお祀りしている。素盞嗚命が八俣大蛇を退治したことから、厄祓、除災招福の霊験あらたかであり、主祭神が夫婦神であることから、安産・縁結び・夫婦和合、そして子育ての御神徳があるとされ崇敬され今日に至る。配祀神としては、日本で一番尊く皇室のご先祖である天照大神をはじめ、衣食住はもとより諸々の産業の開運の神々が鎮座されている。
境内には二本の御神木、元気の木『大欅』・縁結びの木『夫婦椋』が神社をお守りし、また、登ると霊峰富士山に登る事と同様とされる富士浅間神社の御神霊を賜る富士塚がある。安産・子育て・厄除けが心願成就すると言われている。
古来よし時代時代に幾度か修復され再建されてきたが、明治十七年に本殿、拝殿が再建された。大正十二年の大震災により拝殿、鳥居が倒壊した為、昭和天皇の御即位の御大典を記念し、昭和二年拝殿・鳥居等を再建し、昭和六十一年五月二十五日氏子崇敬者の御奉賛により、新社殿御造営大事業が成された。(以下略)」

 

関東には「氷川神社」が多いのです。

 

○こちら===>>>

「氷川神社」 - べにーのGinger Booker Club

「赤坂氷川神社」 - べにーのGinger Booker Club

「赤坂氷川神社」(再) - べにーのGinger Booker Club

「沼袋氷川神社」(東京都中野区) - べにーのGinger Booker Club

 

(↑数々の「氷川神社」に参拝してきた、と思っていたらそうでもなかったので驚いた次第です……関東住まいではないもので。)

西日本と東日本で、出雲系の信仰が一大勢力を誇っていたわけですね。

 

f:id:bennybebad:20181029130328j:plain

f:id:bennybebad:20181029130341j:plain

f:id:bennybebad:20181029130354j:plain

f:id:bennybebad:20181029130411j:plain

狛犬さん。
むっちり系。

 

f:id:bennybebad:20181029130423j:plain

拝殿。
ああ、神紋は巴なんですね。

 

f:id:bennybebad:20181029130426j:plain

天水桶。

 

f:id:bennybebad:20181029130517j:plain

「古峰神社」。

 

f:id:bennybebad:20181029130651j:plain

f:id:bennybebad:20181029130704j:plain

f:id:bennybebad:20181029130716j:plain

f:id:bennybebad:20181029130737j:plain

狛犬さん。
ちょっと荒々しい感じ。

 

f:id:bennybebad:20181029131203j:plain

「神饌田」。
神田を備えた神社は、規模の大きなところでは見かけますが、境内にあるのはなかなかないかと……。

 

f:id:bennybebad:20181029131211j:plain

f:id:bennybebad:20181029131223j:plain

富士塚入口。

1860年の造営ということで、比較的新しいですね。
関東ではいくつか富士塚を見てきました。

 

○こちら===>>>

「品川神社」 - べにーのGinger Booker Club

「稲荷鬼王神社」 - べにーのGinger Booker Club

「石浜神社」(浅草名所七福神) - べにーのGinger Booker Club

「富岡八幡宮」「深川不動」(東京都江東区)〜関東巡り〜 - べにーのGinger Booker Club

「雑司が谷鬼子母神」(再・補)「稲荷鬼王神社」(再) - べにーのGinger Booker Club

「鳩森八幡神社」(東京都渋谷区) - べにーのGinger Booker Club

 

 

f:id:bennybebad:20181029131327j:plain

f:id:bennybebad:20181029131332j:plain

登りました。
「撫で犬」……ちょっと謎。

 

f:id:bennybebad:20181029131446j:plain
浅間神社」。

 

f:id:bennybebad:20181029131506j:plain

……あれ、こちらはなんだったかな……。

 

f:id:bennybebad:20181029131545j:plain

これもなんだったかな……何か、土器を投げ入れる的なやつだった気がします(うろ覚え……)。

 

f:id:bennybebad:20181029131614j:plain

石碑。
読めない。

 

f:id:bennybebad:20181029131631j:plain

七五三詣の参拝者さんが写っちゃうので、こんな感じで拝殿遠景。

 

f:id:bennybebad:20181029184844j:plain

御朱印
これ、有名ですよね。
ヤフオクでもめっちゃ見かけるという……そこまでして御朱印欲しい気持ちは私にはわかりませんが、資本主義だから仕方がない部分もあります。


さて。

 

◯こちら===>>>

大日本地誌大系. 第11巻 風土記稿7 - 国立国会図書館デジタルコレクション

 

↑『新編武蔵風土記稿』から(引用にあたって旧字をあらためた箇所あり/判読不能文字は■に置き替える)。
125コマです。

 

「氷川社 村の鎮守なり、勧請年代は知らざれど、社頭に掛たる鰐口に依先季之鰐口中絶求之也とあり、是慶安二年のものなれば、其以前造立の社なる事知るべし、 随身門、石鳥居、鐘楼(元禄十三年新造の鐘をかく)、末社、稲荷社、弁天社、別当、般若院(本山修験、中尾村玉林院配下、栗崎山薬師寺と號す、本尊不動を安ぜり」

 

……えっと、『江戸名所図会』にも記事があるのかな……武蔵国の地理があまりよくわからなくて、探せておりません……。


というわけで、プチ武蔵国終了です〜(最近はこの程度ですら回れていないなぁ……)。

「調神社」(さいたま市浦和区)〜プチ武蔵国旅

10/29。
闇の宴が無事終わりまして、大宮の「氷川神社」を参拝後、調神社へ。

 

○こちら===>>>

www.stib.jp

 

f:id:bennybebad:20181029110216j:plain

f:id:bennybebad:20181029110221j:plain

社標と、兎……。

 

f:id:bennybebad:20181029110225j:plain

参道入口。

 

f:id:bennybebad:20181029110239j:plain

「由緒 畧記
当社は天照大御神豊宇気姫命、素盞嗚尊の三柱を祭神とする 延喜式内の古社にして古より朝廷および武門の崇敬篤く調宮縁起によれば第九代開化天皇乙酉三月所祭奉幣の社として創建され第十代崇神天皇の勅命により神宮斎主倭姫命が参向此の清らかな地を選び神宮に献る調物を納める御倉を建てられ武総野の初穂米調集納蒼運搬所を定めらる、倭姫命の御伝により御倉より調物斉清の為め当社に搬入する妨げとなる為、鳥居、門を取拂はれたる事が起因となり現今に到る。」

 

……さて、伝説ですからどの程度かは不明ですが、元々「伊勢神宮」の神戸だった、ということでしょうか。
鳥居も門もないのは、貢物を通すのに邪魔だった、と現実的な理由が伝わっているのは面白いです。

 

f:id:bennybebad:20181029110247j:plain

文化財

 

f:id:bennybebad:20181029110713j:plain

拝殿です。
彫刻が立派……立川流かな……。

 

f:id:bennybebad:20181029110719j:plain

お賽銭箱。

 

f:id:bennybebad:20181029110729j:plain

f:id:bennybebad:20181029110743j:plain

f:id:bennybebad:20181029110809j:plain

天水桶。
小さな狛犬さん。

 

f:id:bennybebad:20181029110843j:plain

木鼻。
獅子がくわえているのは牡丹でしょうか……こういう、宗教美術のお約束、というのが今ひとつ理解できていないもので……。

 

f:id:bennybebad:20181029110856j:plain

兎さん発見。

 

f:id:bennybebad:20181029110916j:plain

こっちは玉、かな。

 

f:id:bennybebad:20181029110927j:plain

うーん、「三尾神社」がかぶるなぁ……。

 

f:id:bennybebad:20181029110945j:plain

立派。

 

f:id:bennybebad:20181029111007j:plain

別角度。

 

f:id:bennybebad:20181029111030j:plain

虹梁の基部にも獅子か狛犬さんがいらっしゃって、素敵。

 

f:id:bennybebad:20181029111044j:plain

細かいなぁ。

 

f:id:bennybebad:20181029111103j:plain

天水桶再び。

 

f:id:bennybebad:20181029111116j:plain

拝殿遠景。

 

f:id:bennybebad:20181029112255j:plain

f:id:bennybebad:20181029112223j:plain

f:id:bennybebad:20181029112126j:plain

f:id:bennybebad:20181029112130j:plain

f:id:bennybebad:20181029112145j:plain

裏手のほうに池があるのですが、そこに旧社殿があります。
覆屋付きで、黒漆(っぽいけどどうかな)に極彩色……彩色は再現なのか。
今の本殿も、兎だらけなのでしょうか……。

 

f:id:bennybebad:20191103214215j:plain
池にも兎が……いや、兎は水吐かないでしょ……。

 

f:id:bennybebad:20181029112557j:plain
境内社の「金毘羅神社」。

 

f:id:bennybebad:20181029112626j:plain

「調宮天神社」。

 

f:id:bennybebad:20181029112714j:plain

f:id:bennybebad:20181029112728j:plain

先代の狛兎さん。

 

f:id:bennybebad:20181029112810j:plain

手水場にいた兎さん……「深きものども」にしか見えない……。

 

f:id:bennybebad:20181029112817j:plain

f:id:bennybebad:20181029112828j:plain

f:id:bennybebad:20181029112840j:plain

f:id:bennybebad:20181029112855j:plain

f:id:bennybebad:20181029112909j:plain

で、手水舎の彫刻がまた素晴らしく……ううん、麒麟なのか、龍馬なのか、応龍なのか、私には今ひとつわからず……。

 

f:id:bennybebad:20181029112927j:plain

もう完全に「深きものども」だ……。

 

f:id:bennybebad:20181029112946j:plain

f:id:bennybebad:20181029112957j:plain

f:id:bennybebad:20181029113014j:plain

f:id:bennybebad:20181029113028j:plain

f:id:bennybebad:20181029113044j:plain

狛犬さんが、彫りが深くて渋い……。
こっちには、贔屓かな……。

 

f:id:bennybebad:20181029113101j:plain

f:id:bennybebad:20181029113117j:plain

影の具合が素敵な感じになりました。

 

f:id:bennybebad:20181029113130j:plain

f:id:bennybebad:20181029113132j:plain

ちょっと壊れてるのが残念だ……。

 

f:id:bennybebad:20181029113312j:plain

f:id:bennybebad:20181029113322j:plain

f:id:bennybebad:20181029113340j:plain

f:id:bennybebad:20181029113348j:plain

f:id:bennybebad:20181029113405j:plain

f:id:bennybebad:20181029113418j:plain

参道入口の兎さんを、できるだけアップで。

 

f:id:bennybebad:20181029113835j:plain

……これは、裏手から本殿を狙ったんだっけな……。

 

f:id:bennybebad:20181029115359j:plain

f:id:bennybebad:20181029115343j:plain

f:id:bennybebad:20181029115327j:plain

おまけ。
すぐ近くにある「第六天神社」。
御祭神は「面足命」「吾屋惶根命」であるのは、「第六天神社」なのでまあいいのですが、「面足命」の別名「穂千田比古命」とか、その御子神の「倉平顔比古命」、「金子甘美金希代命」とかって、何なんでしょう……少なくとも記紀神話では聞いたことないですし、『先代旧事本紀』『古語拾遺』にもなかったんじゃないかなと……独自の伝承でしょうか(検索すればわかるのか……まあいいや)。

 

f:id:bennybebad:20181029184816j:plain

御朱印

 

さて。

○こちら===>>>

神社覈録. 下編 - 国立国会図書館デジタルコレクション

 

式内社ですので、とりあえず『神社覈録』を(引用にあたって旧字をあらためた箇所あり/判読不能文字は■に置き替える)。
43コマです。

 

調神社
(略)◯祭神瀬織津姫命(略)○中仙道浦和駅に在す(略)、○惣国風土記七十七残缼云、武蔵国足立郡調神社、神田六十束二宇田、稚日本根子彦太日天皇乙酉三月、所祭瀬織津比咩也、有神戸巫戸。」

 

ふむ……祭神は「瀬織津姫命」……。

 

○こちら===>>>

特選神名牒 - 国立国会図書館デジタルコレクション

 

『特選神名牒』はいかがか。
212コマです。

 

調神社
祭神 天照大御神 宇賀御玉神
今按本社社記に伊勢大御神の末社に調御倉社ありて祀る神を稲倉魂命とあるを思ふに古へ国々に大御神の御戸代盛なりし程その御調の初穂をとり収むる御倉なりしが後に社となりけん故に大御神と宇賀之御魂命を祭れるならんと云るが如くなるべし故今之に従へり土俗に調をつきとよむより月神とし二十三夜など云ふはいみじき誤りにて取にたらす
(略)
今按武蔵演露浦和駅下に月読大明神社浦和領岸村浦和宿鎮守二十三夜堂あり調大明神とも云とあり」

……むぅ……。

 

○こちら===>>>

大日本地誌大系. 第11巻 風土記稿7 - 国立国会図書館デジタルコレクション

 

『新編武蔵風土記稿』ではいかがか。
130コマです。

 

調神社 社領七石を賜ふ、当社は【延喜式神名帳に足立郷調神社と載る所なりと云、されど祭神等すべて伝ふる所詳ならず、按に【武蔵風土記】にも足立郡大調郷、或は大都畿調神社、神田六十束、二字田稚日本根子彦大日天皇、乙酉三月所祭瀬織津比咩也、有神部巫戸と載たるもの全く当社の事と見ゆ、されど此風土記は後人の擬書なる由言伝れば、正しとも言がたし、又土人の此辺の事跡を記せしものに、当社は日の神倉稲荷玉命の二座を祭る所にして、延元二年二月五日、那賀郡廣木村吉原の城主、色大興寺入道範行と云し人再興して、神田五邑を附せしなど載たれど、此一色範行と云もの他に所見なし、ことに延元の頃再興せしと云るも、式社のことをわきまへざる書ぶりなり、がたがたうけがたし、又云其後貞和観応の頃兵火にかかりて社頭破壊せしを、康暦年中佐々木近江守持清又再造せしが、それも両上杉戦争の地となり、次第に衰廃せしを小田原北条分国の時に再興ありしと記す、されどみな左證とすべきものなし、たとへ證すべきことありとも、是を以て式社の興廃を知るには足べからず、殊に別当寺にては、近き頃まで月輪を祀りし社とのみ伝へたれば、古を知らざるもの附会せしなるべし、調の字の訓月に同じければ、後世月待の宮として、又愚民の信を取んがためにかく唱へしなるべし、今を以て考ふるに、当社の外此郡中調神社の名残と覚しきもの更になし、目撃する所を以てへを推に足らざれど、社地のさまいかにも神さび、数園の樹木枯株などのとこせるを見れば、古社なる事は論なかるべし、今は社人も調の社といへば、恐らくは古へに復せしなるべし、 末社、石神社(稲荷を合祀せり)、蔵王社(是も熊野を合殿とす)、稲荷社、第六天社、別棟、月山寺(新義真言宗、浦和宿玉蔵院末也、本尊愛染を安ず、開山詳ならず、昔は福寿寺にて当社を兼帯し、爰には庵を置て守らしめしを、後年一寺となして、月山寺と號すと云り」

 

んん……。

 

○こちら===>>>

浦和案内 - 国立国会図書館デジタルコレクション

 

↑『浦和案内』という本の30コマに、『江戸名所図絵』の引用がありまして(うーん、見つけられなかった)、そこでは「月読命」が御祭神となっています。

 

「調」の御倉だったものが、いつのまにか神社となったのはまあいいとして、だからといって「天照大御神」を祀るのかというと何か違う感じがしますし、「つき」という読みから「月読命」が御祭神になったのは信仰上は間違っていたとしても本地垂跡とかいってたわけなのでさもありなんです、そこから引っ張られて兎、というのも……比較的新しいのか、いやいや「金烏玉兎」ですから月に兎自体は大陸でわりと古い考え方なのでまあよし、で「瀬織津姫命」……どうしてまた「祓戸大神」がここに、という感じですよね……社領がもっと広くて、もっと近くを荒川が流れていたのか……。
何にしろ、昔から結構人気スポットだったっぽいですし、訪れたときも賑わっていましたし(七五三か……)、いやよい神社でしたよ〜。

 

あ、あと兎の神社といえば、

 

○こちら===>>>

「三尾神社」〜近江めぐり〜 - べにーのGinger Booker Club

「菟足神社」(豊川市)〜高速初詣三河編〜 - べにーのGinger Booker Club



↑こんなところもありますので〜。

「香取神社」(東京都北区)〜プチ武蔵国旅

10/28。
またしても闇の祭りがさいたまであったので参戦。
宿を赤羽にとったので、スマホで検索して、駅からほど近い……というほどは近くにない香取神社へ。

 

◯こちら===>>>

ak8mans.com

 

↑現在は「赤羽八幡神社」の兼務社となっているようです(そちらも行きたかった……)。

 

f:id:bennybebad:20181028135220j:plain

社標と階段。

 

f:id:bennybebad:20181028135451j:plain

えっとすみません、いきなり境内末社です。
左から「榛名神社」「古峰神社」「御嶽神社」「大山阿夫利神社」。
そういえば、伊勢原の「大山阿夫利神社」、結局行けてないなぁ……時間が……。

 

f:id:bennybebad:20181028135504j:plain

ええと……本殿かな(覆屋かも)。

 

f:id:bennybebad:20181028135533j:plain

手水鉢。

 

f:id:bennybebad:20181028135547j:plain

境内社の「伏見稲荷」。

 

f:id:bennybebad:20181028135555j:plain

拝殿です。
瓦葺きが江戸期っぽいです。

 

f:id:bennybebad:20181028135604j:plain

f:id:bennybebad:20181028135614j:plain

天水桶、わりと新しそうですが……。

 

f:id:bennybebad:20181028135628j:plain

あ、さっきのは本殿ですね(向かって左側から)、で向かって右側から拝殿と本殿。

 

f:id:bennybebad:20181028135714j:plain

f:id:bennybebad:20181028135726j:plain

木鼻。
よい造形。

 

f:id:bennybebad:20181028135742j:plain

楽殿

 

f:id:bennybebad:20181028135811j:plain

手水鉢その2。

 

f:id:bennybebad:20181028135823j:plain

f:id:bennybebad:20181028135831j:plain

力石。

 

f:id:bennybebad:20181028135855j:plain

f:id:bennybebad:20181028135904j:plain

f:id:bennybebad:20181028135913j:plain

f:id:bennybebad:20181028135920j:plain

彫刻。
よいなぁ……。

 

f:id:bennybebad:20181028135953j:plain

f:id:bennybebad:20181028140009j:plain

f:id:bennybebad:20181028140017j:plain

f:id:bennybebad:20181028140024j:plain

f:id:bennybebad:20181028140036j:plain

f:id:bennybebad:20181028140058j:plain

f:id:bennybebad:20181028140119j:plain

f:id:bennybebad:20181028140150j:plain

狛犬さん。
渋い。
金の目がまたよいです。
嘉永五年、ということは黒船来航の一年前ですか。

 

f:id:bennybebad:20181028140215j:plain

f:id:bennybebad:20181028140224j:plain

社標と鳥居。

 

f:id:bennybebad:20181028140231j:plain

御祭神は「経津主神」、まあ「香取神社」ですから。
配祀で「大山咋神」、合祀で「建御名方神」、ということは「日吉神社」、「諏訪神社」が遷座しているということでしょうか。

 

f:id:bennybebad:20181028140258j:plain

f:id:bennybebad:20181028140308j:plain

f:id:bennybebad:20181028140325j:plain

f:id:bennybebad:20181028140338j:plain

石灯籠。
基部の狛犬さんがよい。

 

f:id:bennybebad:20181028140358j:plain

f:id:bennybebad:20181028140406j:plain

f:id:bennybebad:20181028140421j:plain

f:id:bennybebad:20181028140433j:plain

こちら、最初の階段を登って来たところの狛犬さん。
ちょっと小ぶりで破損されていますが、表情がよき。

 

さて。

 

◯こちら===>>>

大日本地誌大系. 第5巻 風土記稿1 - 国立国会図書館デジタルコレクション

 

↑『新編武蔵風土記稿』より(引用にあたって旧字をあらためた箇所あり/判読不能文字は■に置き替える)。
167コマです。

 

「香取社 村の鎮守とす。長二尺六寸許の石を神体となせり。普門院持下同し 末社稲荷 疱瘡神○諏訪社」

 

えっと……まあ、このくらいで……。
それではプチ武蔵国旅です〜。

「菊田神社」(習志野市)〜千葉道中

10/24。
「検見川神社」を後にしまして、どこへ……と迷っていたら、狛犬ラバーのみなさんからの怪電波を受信しまして、「菊田神社」へ。

 

◯こちら===>>>

www.kikuta-jinja.jp

 

津田沼駅で降り、ぶらぶらと歩いていくと、「ほんとにこっちかなぁ……」と思うような道に案内され……いえ、全く地理的なことがわからないもので。
とりあえず、無事到着。

 

f:id:bennybebad:20181024133548j:plain

習志野の守護神。
なんかかっこいい。

 

f:id:bennybebad:20181024133604j:plain

鳥居。

 

f:id:bennybebad:20181024133624j:plain

元鳥居、かな。

 

f:id:bennybebad:20181024133829j:plain

f:id:bennybebad:20181024133834j:plain

f:id:bennybebad:20181024133843j:plain

f:id:bennybebad:20181024133852j:plain

いきなり拝殿まで来ましたが、彫刻。

 

f:id:bennybebad:20181024133904j:plain

天水桶。
神紋は……ああ、「菊」に「田」なのか。

 

f:id:bennybebad:20181024133928j:plain

拝殿遠景。
シンプル。

 

f:id:bennybebad:20181024133947j:plain

本殿。

 

f:id:bennybebad:20181024134014j:plain

f:id:bennybebad:20181024134041j:plain

本殿の彫刻もまた、よき。

 

f:id:bennybebad:20181024134228j:plain

拝殿正面。

 

f:id:bennybebad:20181024134234j:plain

手水舎。

 

f:id:bennybebad:20181024134250j:plain

f:id:bennybebad:20181024134304j:plain

f:id:bennybebad:20181024134334j:plain

f:id:bennybebad:20181024134343j:plain

f:id:bennybebad:20181024134403j:plain

f:id:bennybebad:20181024134414j:plain

f:id:bennybebad:20181024134430j:plain

f:id:bennybebad:20181024134449j:plain

f:id:bennybebad:20181024134506j:plain

狛犬さん。
小さな獅子山……元々は、もっと大きかったのかな。

 

f:id:bennybebad:20181024134709j:plain

f:id:bennybebad:20181024134717j:plain

小祠と石祠と。

 

f:id:bennybebad:20181024134731j:plain

こちらはお稲荷さんですね(多分)。

 

f:id:bennybebad:20181024134737j:plain

f:id:bennybebad:20181024135028j:plain

f:id:bennybebad:20181024135033j:plain

f:id:bennybebad:20181024135038j:plain

f:id:bennybebad:20181024135044j:plain

f:id:bennybebad:20181024135104j:plain

こちらはなんだったか……。
小さな狛犬さんも。

 

f:id:bennybebad:20181024135156j:plain

f:id:bennybebad:20181024135203j:plain

f:id:bennybebad:20181024135219j:plain

f:id:bennybebad:20181024135238j:plain

やけに緑色に見えてしまう狛犬さん。

 

f:id:bennybebad:20181024135258j:plain

「御祭神 大己貴大神大国主命) 藤原時平
(略)
由緒
古伝によれば、当神社は久久田大明神と称して、弘仁年間(西暦八一〇年代)今より約一、二〇〇有余年前より御社として祭祀されてありました。当時は、この境内地は小嶋であって、この嶋を中心として東西両側は丘で、砂土堆積している入江でありました。住民の多くは西側の丘に住居を構えて生活して居りました。住民は嶋の上に鎮座されていた御社、即ち久久田大明神を産土神および氏神として奉斎信仰していました。なお、旧九月十九日を例祭の日と定めて、年毎に祭事を執行していました。また、住民は地内並びに周辺(近隣)の人と縁結びをしますと、これがまことに夫婦円満の家が多く出生児達もみんな丈夫に生長し、長命の人も多く、それ故に住民はこの久久田大明神を特に縁結びの神、厄難除の神、安産の神として崇敬し、商売繁昌の神(後年この地に商人が出来て、このお宮に祈願したところ何れも商売が繁昌した)としても崇敬しました。
治承四年、藤原師経、藤原師長卿の一族郎党当国に左遷の砌り、相模国より船に乗船し相模灘を経て袖ヶ浦にと来ましたところ、海上少し荒れていた為に何処か波静かな所はないかと探し求めていましたところが、たまたま久久田浦の入江と嶋を発見しましたので、一同はここに船を漕ぎ来たりてこの嶋に着船上陸しますと、住民達が崇敬しているお宮がありました。即ち久久田大明神のお宮で、師経卿、師長卿は無事に此処まで安着出来たことはこの祭神の御神徳によるものであるとして深く感銘されて、この御社を崇め奉りてこの地を安住の地と定めることとし、同時に祖先の人皇六十代醍醐天皇の御宇延喜左大臣藤原時平命を合せ祀り住民と共に奉斎崇敬しました。後に師経の一族は三山の郷(現在の二宮神社の鎮座の地)に移住したと伝えられています。
その後星移り年変りて入江も浅瀬となり、この嶋の土と東西の丘の土を採取した浅瀬に盛土して水田を拡げて氏神の社名に相応しく永く久しく栄える国として耕作するようになりました。またこの境内地が船の形をしているのは、師経一族郎党が着船したのを記念とするために浅瀬を盛土するときにこの形を造ったと伝えらえています。
御社号改名 宝暦年間桃園天皇の御代に社名を菊田大明神(古老の云伝えによれば、菊は吾が国の名花、菊文字は久久よりも御社名には相応しいとの所以によって改名されました)
(略)
合祀 大正元年十一月、区内各町(本郷、丸田、下宿、浜宿)に鎮座されていた八坂神社、金刀比羅神社大山祇神社、水神社、稲荷社、雷神社の御祭神を合祀。」

 

藤原師長」という人は、

 

◯こちら===>>>

藤原師長(ふじわらのもろなが)とは - コトバンク


コトバンクによれば、

 

「平安後期の政治家、音楽家左大臣頼長(よりなが)の第2子で、1156年(保元1)父に連坐(れんざ)して土佐に流されたが、のち召還され、77年(治承1)に太政(だいじょう)大臣の位まで昇るが、79年には平清盛によって追放され、尾張(おわり)で出家した。法名理覚。世に妙音院(みょうおんいん)太政大臣という。源家(げんけ)と並ぶ郢(えい)曲の流派の一つ藤家(とうけ)の出身で、音楽的才能にも恵まれ、『十訓抄(じっきんしょう)』や『古今著聞集(ここんちょもんじゅう)』には早くから管絃(かんげん)や歌曲に長じたことが記されている。箏(そう)と琵琶(びわ)の名手で、箏では『仁智要録(じんちようろく)』、琵琶では『三五要録(さんごようろく)』という各12巻からなる譜集を編纂(へんさん)し、抄出した『仁智要略』『三五要略』とともに後世に伝えられる。また今様(いまよう)は源資時(すけとき)と並ぶ後白河(ごしらかわ)法皇の後継者、声明(しょうみょう)と朗詠(ろうえい)では新しく妙音院流をおこした。」

 

「藤原師経」は、

 

◯こちら===>>>

藤原師経(ふじわらのもろつね)とは - コトバンク


「没年:正元1.1.15(1259.2.8)
生年:安元2(1176)
鎌倉前中期の公卿。左大臣経宗の次男で,兄頼実の子となる。母は橘政光の娘。大炊御門と号す。元久2(1205)年に権中納言,承元1(1207)年に守成親王(順徳天皇)の春宮権大夫となる。承久の乱(1221)後右大臣に上った。」


だそうですので……うん、まあ、伝説なのでしょうか。
何しろ、全く詳しくない時代のことなので……実際に左遷された「藤原師長」はともかく、そういった逸話が辞書の類に掲載されていない「藤原師経」……いや、何かあるのかもしれません(陰謀論)。

 

f:id:bennybebad:20181024135314j:plain

f:id:bennybebad:20181024135323j:plain

狛犬さん新しめ。

 

f:id:bennybebad:20181024135338j:plain

f:id:bennybebad:20181024135344j:plain

f:id:bennybebad:20181024135407j:plain

f:id:bennybebad:20181024135415j:plain

f:id:bennybebad:20181024135438j:plain

f:id:bennybebad:20181024135449j:plain

f:id:bennybebad:20181024135502j:plain

f:id:bennybebad:20181024135507j:plain

そして、「菊田神社」といえば、と狛犬ラバー界隈でもっぱらの噂な、狛犬さん。
確かによい。
これだけで飯が何杯もいける狛犬ラバーさんもいらっしゃることでしょう。

f:id:bennybebad:20181024135548j:plain

これは……三峯か古峯か……。

 

f:id:bennybebad:20181024135609j:plain

f:id:bennybebad:20181024135624j:plain

参道、狛犬さんはこんな感じ。

 

f:id:bennybebad:20181024135740j:plain

f:id:bennybebad:20181024135717j:plain

f:id:bennybebad:20181024135709j:plain

こちら「琴平神社」と狛犬さん。
小さいながら、造形に面白さあり……もちょっとホラー……。

 

f:id:bennybebad:20181024135811j:plain

あらためて、参道。

 

f:id:bennybebad:20181024200257j:plain

f:id:bennybebad:20181024200241j:plain

御朱印は、金泥のものをいただきました。
狛犬さんのもあります。
御朱印帳が、またこの狛犬さんデザインで素晴らしかったのですが、今回は手を出せず……。

 

さて。

 

◯こちら===>>>

千葉県千葉郡誌 - 国立国会図書館デジタルコレクション

 

↑「検見川神社」のときは引用しませんでしたが、『千葉県千葉郡誌』をちらっと。
393コマです(引用にあたって旧字をあらためた箇所あり/判読不能文字は■に置き替える)。

 

「菊田神社
津田沼町久々田に鎮座す。大己貴命を祀る。(略)境内の全形は舟形をなせり。こは昔よりの伝説により由緒深きものなりと云ふ。(略)」

 

……まあ、HPとか案内板の方が詳しいという(詳しいからといって、正確なわけではないですが)。

「藤原師経」「藤原師長」に関する伝説についてはともかく、それ以前から神社としては存在しており、そのときの御祭神が「大己貴命」だったかどうかは不明ながら、地名の「ククタ」は、「ククノチ」に通じるのかもしれません。
しかし、もともと嶋だったところに祀られていたお宮だとすると……何かもうちょっと面白い妄想が浮かぶかな、と思ったのですが、残念、何も浮かびませんでした。
基本、島に隔離されているような神というのは、祟り神だと思われます(とはいえ、日本の神で祟らない神はあんまりいないので……)。
最初から島にいたのか、島に追いやられたのか、で祟りのベクトルが違ってはいるでしょうけれども、「六部殺し」みたいに、何らかの危害を加えて島に追いやった(出てこられなくした)のだとしたら、かなりの祟りだったことでしょう……そんな伝説、「菊田神社」にはないと思いますので、無視してください妄想です。

 

千葉道中ラストで、狛犬さんを愛でられてよかったよかった。

「検見川神社」(千葉市花見川区)〜千葉道中

10/24。
千葉神社」の参拝を終えて、ガタンゴトンで向かった先は「検見川神社」

 

◯こちら===>>>

www.kemigawa-jinja.com

 

検見川駅から、線路沿いに少し歩いて……いや思ったより歩いたな……。
駐車場を通り過ぎて、参道入り口……も、どうやら裏側みたいです。

f:id:bennybebad:20181024120233j:plain

 

ここを奥までいって、左手に折れると社殿があります。

f:id:bennybebad:20181024120323j:plain

 

こちらは境内社だったと思います。

f:id:bennybebad:20181024120400j:plain

 

拝殿。

f:id:bennybebad:20181024120652j:plain

f:id:bennybebad:20181024120657j:plain

f:id:bennybebad:20181024120702j:plain

うん、立派だ……「神祇三社」と言われているということで、ご祭神は「宇迦之御魂神」(東神殿)、「素盞嗚尊」(中神殿)、「伊弉冉尊」(西神殿)。
ということで、お賽銭箱にも神紋三種。

 

狛犬さん。

f:id:bennybebad:20181024120752j:plain



f:id:bennybebad:20181024120801j:plain

f:id:bennybebad:20181024120831j:plain

f:id:bennybebad:20181024120902j:plain

 

お賽銭箱を近くで。

f:id:bennybebad:20181024120922j:plain

 

狛犬さん。

f:id:bennybebad:20181024120945j:plain

f:id:bennybebad:20181024120952j:plain

f:id:bennybebad:20181024121004j:plain

f:id:bennybebad:20181024121023j:plain

 

で、先ほど入ってきた入り口に向かって戻りますと、正面に先ほどの階段があり、その奥に境内社が。

明和元年の石灯籠……下は。

f:id:bennybebad:20181024121330j:plain

 

「古峰神社」。

f:id:bennybebad:20181024121343j:plain

f:id:bennybebad:20181024121357j:plain

 

江戸湾金比羅宮」「難波塞神社」「天地神集神社」「嵯峨大地主神社」「下総天満宮」。

f:id:bennybebad:20181024121401j:plain

f:id:bennybebad:20181024121407j:plain

f:id:bennybebad:20181024121412j:plain

f:id:bennybebad:20181024121418j:plain

f:id:bennybebad:20181024121423j:plain

 

三峯神社」。

f:id:bennybebad:20181024121512j:plain

 

石祠とか、おキツネ様とか、瓦とか。

f:id:bennybebad:20181024121617j:plain

f:id:bennybebad:20181024121629j:plain

f:id:bennybebad:20181024121640j:plain

f:id:bennybebad:20181024121650j:plain

f:id:bennybebad:20181024121656j:plain

f:id:bennybebad:20181024121701j:plain

f:id:bennybebad:20181024121711j:plain

本殿を後方から。

f:id:bennybebad:20181024121746j:plain

木鼻が立派。

f:id:bennybebad:20181024121812j:plain

本殿を前方から。
木鼻も虹梁もよい感じ。

f:id:bennybebad:20181024122416j:plain

拝殿正面にある階段を降りてきました。

f:id:bennybebad:20181024122544j:plain

 

「市神之社」。

f:id:bennybebad:20181024122607j:plain

f:id:bennybebad:20181024122614j:plain

 

f:id:bennybebad:20181024122642j:plain

「御由緒
検見川神社周辺には「大賀蓮」で有名な検見川泥炭遺跡があり、三隻の丸太船が出土し、縄文時代すでに人々が住んていた事がわかります。古くから住んでいた人々は、自然の中に神々と共に生活していました。
検見川の地で祭祀が始まったのはいつ頃か定かではありませんが、人々が定住し始めた縄文時代には土俗的な祭祀が営まれていたと思われます。
当社の北隣の地は古くから「嵯峨」と称していて、嵯峨天皇ゆかりの地と伝えられ、朝廷との関係を物語っています。
検見川神社の御創祀は、平安時代清和天皇の御宇貞観十一年(八六九)全国に流行した疫病を鎮めるため、朝廷では京都の神泉苑に矛六十六本(全国の国の数)を建て、御霊会(今日の祇園祭)を斎行しました。此の時祇園社(現在の八坂神社)の御祭神素盞嗚尊の御分霊を矛に鎮めて国々に頒ち、疫病消除を祈りました。その時下総国で祀られた所が嵯峨の地でした。
その後、兵部少輔平春績が葛飾原に土着の際付近の開墾を始めたところ、災害が重なり疫病が流行しました。その時嵯峨の地から素盞嗚尊の御鏡が出土し、検見川大明神に無断で土地を犯したことから起きた災いであることを知り、朱雀天皇の御宇承平四年(九三四)に嵯峨の地の社殿を建立して祭祀を営み謝罪したところ、無事開墾することができたと伝えられています。現在の花輪台の地に社殿が遷されたのは後陽成天皇の御宇文禄年間(一五九二〜一五九六)のことです。
稲荷神社は、近衛天皇の御宇久寿二年(一一五五)勅命により下野国奈須野ヶ原の妖狐(九尾の狐)を退治した金田小太頼次の子孫金田周防守正明が、検見川の地を領した後水尾天皇の御宇元和二年(一六一六)検見川大明神の神域に祀られました。
熊野神社は、後小松天皇の御宇応永十六年(一四〇九)以来嵯峨の地に祀られていました。日頃崇敬していた正明は、寛永年間(一六二四〜一六四四)に現在地に遷し、祭祀を営みました。
以後「神祇三社」と称され、今日に至っています。(略)」

 

f:id:bennybebad:20181024122722j:plain

社標と鳥居。
この右手のカーブした道を登っていくと、最初の入り口に行き着きます。

 

f:id:bennybebad:20181024200225j:plain

御朱印

 

さて。

 

◯こちら===>>>

千葉県千葉郡誌 - 国立国会図書館デジタルコレクション

総水房山 : 房総名勝誌 - 国立国会図書館デジタルコレクション


↑この辺りに「八坂神社」として記事があります。
おおよそ、神社の案内板に書かれていたことと同じ内容です。
で、案内板によれば、どうやら祇園系の「素盞嗚尊」信仰があったようです。
関東で「素盞嗚尊」といったら「氷川神社」系をすぐに思い浮かべます。
同じ関東とはいえ、千葉には独自の信仰体系が根付いていた、のでしょうか(「妙見菩薩」とか、独特ですね)。
伝承として、勝手に開墾したら祟りがあって、「素盞嗚尊」の御鏡が出土した、というんですから、そのときすでに祇園系の信仰は廃れていた(祀られていたら出土はしないでしょう)、つまり御霊会のために御分霊に遷っていただいたのに、そのあと荒廃しちゃったから祟った、ということなんでしょうか。
ん〜……何か隠れている感じはしますね……もともと「嵯峨」という地名も、「嵯峨天皇」に結び付けられていますが、実際には「スガ」で、「素盞嗚尊」系の信仰があったのかもしれませんし。

 


……妄想、あんまり浮かびません……。

 

「千葉神社」(千葉市中央区)〜千葉道中

2020年元日、あけましておめでとうございます。
平常運転……というか、今年はもう少し記事を書きます……一昨年のが終わらない……。

 

 

10/24。

「登渡神社」の参拝を終えて、今回の目的地でもある千葉神社へ。

 

◯こちら===>>>

www.chibajinja.com

 

ええと、東側を歩いていたんだっけ……やけに敷地が広いなぁと正面に回ってみて、改めてその大きさに驚いた次第。

f:id:bennybebad:20181024102513j:plain

 

こちらもがっつり「妙見菩薩」信仰、というか本宮みたいなものですか……。

f:id:bennybebad:20181024102531j:plain

 

鳥居くぐって、しばらく進んで、の入り口。

f:id:bennybebad:20181024102543j:plain

 

獅子山。

f:id:bennybebad:20181024102652j:plain

f:id:bennybebad:20191103193538j:plain

f:id:bennybebad:20181024102733j:plain

f:id:bennybebad:20181024102738j:plain

f:id:bennybebad:20181024102806j:plain

f:id:bennybebad:20181024102818j:plain

f:id:bennybebad:20181024102828j:plain

f:id:bennybebad:20181024102900j:plain

f:id:bennybebad:20181024102914j:plain

f:id:bennybebad:20181024102924j:plain

f:id:bennybebad:20181024102937j:plain

f:id:bennybebad:20181024102949j:plain

f:id:bennybebad:20181024103012j:plain

f:id:bennybebad:20181024103028j:plain


立派。
写真の半分は獅子山だったかもです。

 

f:id:bennybebad:20181024103039j:plain

社殿が新しいのは別にいいのですが、謎の八角形……あ、これ社殿じゃなくて、門でした。

 

f:id:bennybebad:20181024103149j:plain

お賽銭箱。
日月か……「妙見」信仰なら、七曜紋なのかと思っていましたが。

 

f:id:bennybebad:20181024103153j:plain

拝殿の扁額。

 

f:id:bennybebad:20181024103319j:plain

なんと、拝殿の二階に登れます……すごいな……正面が、先ほどの門的な建物。

 

f:id:bennybebad:20181024103328j:plain

あ、こっちは……あれ、九曜紋か……違う、十曜?(※同じです)

 

f:id:bennybebad:20181024103529j:plain

で、こちらは境内社の「千葉天神」さんなんですが、日月と、星……じゃないわ、天神様だから梅だ。

 

f:id:bennybebad:20181024103548j:plain

「千葉天神」、拝殿。

公式HPによれば、旧「千葉神社」社殿のようです(詳しくは公式HPを)。

 

f:id:bennybebad:20181024103617j:plain

本殿をちらり。

 

f:id:bennybebad:20181024103643j:plain

f:id:bennybebad:20181024103656j:plain

ん〜……もとはお地蔵さんか、道祖神か……。

 

f:id:bennybebad:20181024103710j:plain

墓石のようですね。

 

f:id:bennybebad:20181024103740j:plain

拝殿、別角度から。

 

f:id:bennybebad:20181024103811j:plain

小さい狛犬さん。

 

f:id:bennybebad:20181024103823j:plain

こういう、八卦を表した八角の……香炉かな、の上に乗っかっておられました。
これは南側。

 

f:id:bennybebad:20181024103828j:plain

いや、日本的ですね、神社に「妙見菩薩」という仏教の神がいて、その上から五行ですから。

 

f:id:bennybebad:20181024103835j:plain

こちら東側。

 

f:id:bennybebad:20181024103843j:plain

北側。

 

f:id:bennybebad:20181024103851j:plain

西側。

 

f:id:bennybebad:20181024103858j:plain

おっと、こちらに「千葉天神」の案内が。
「寿永元年(一一八二)九月二十五日、この千葉神社の前身、北斗山金剛授寺の境内に勧請された」そうです。

 

f:id:bennybebad:20181024103929j:plain

そのほかの境内社、ということで「姥神」様。

 

f:id:bennybebad:20181024103943j:plain

f:id:bennybebad:20181024103958j:plain

f:id:bennybebad:20181024104017j:plain

f:id:bennybebad:20181024104031j:plain

その狛犬さん。

 

f:id:bennybebad:20181024104113j:plain

「星神」様。

 

f:id:bennybebad:20181024104116j:plain

「石神」様。

 

f:id:bennybebad:20181024104158j:plain

「稲荷」様。

 

f:id:bennybebad:20181024104202j:plain

金比羅」様。

 

f:id:bennybebad:20181024104224j:plain

f:id:bennybebad:20181024104233j:plain

f:id:bennybebad:20181024104244j:plain

f:id:bennybebad:20181024104246j:plain

f:id:bennybebad:20181024104255j:plain

これは、「金比羅」様の狛犬さんだったかな……。

 

f:id:bennybebad:20181024104506j:plain

石祠。
「古峯神社」と「稲荷大明神」。

 

f:id:bennybebad:20181024104513j:plain

その前にある、「御嶽」様。
関東にあっても、御嶽信仰……何かあるのか、何もないのか。

 

f:id:bennybebad:20181024104526j:plain

……あ、ええと、「千葉天神」は、「千葉神社」向かって右手の方にありまして、境内社はその手前、で石の鳥居をくぐると「千葉神社」拝殿に戻る、という感じです。
広いです。

 

f:id:bennybebad:20181024104610j:plain

「御嶽」様の向かって右側にある境内社
「八幡」「天神」「日枝」「三峯」「神明」となっています。
廃仏毀釈で集められちゃった感じでしょうか。

 

f:id:bennybebad:20181024104617j:plain

「恵比須」様もありました。

 

f:id:bennybebad:20181024104646j:plain

芭蕉の句碑。

 

f:id:bennybebad:20181024104717j:plain

f:id:bennybebad:20181024104729j:plain

f:id:bennybebad:20181024104744j:plain

f:id:bennybebad:20181024104800j:plain

これは、どこにあった狛犬さんだったか……先ほどの石の鳥居のところかな。

 

f:id:bennybebad:20181024104848j:plain

f:id:bennybebad:20181024104903j:plain

で、このキャラクターめいた狛犬さん、まぁ大きいです。
最初に見た、大きな門のところに立っていらっしゃいました。

 

f:id:bennybebad:20181024104931j:plain

f:id:bennybebad:20181024104941j:plain

f:id:bennybebad:20181024104953j:plain

f:id:bennybebad:20181024105004j:plain

f:id:bennybebad:20181024105016j:plain

f:id:bennybebad:20181024105027j:plain

f:id:bennybebad:20181024105039j:plain

f:id:bennybebad:20181024105051j:plain

で、実は門ではなくて、また八卦を表したものが……「尊星殿」という建物なのです。

 

f:id:bennybebad:20181024105100j:plain

こちらが、「千葉神社」の拝殿。
二階建てです。

 

f:id:bennybebad:20181024105345j:plain

f:id:bennybebad:20181024105331j:plain

f:id:bennybebad:20181024105354j:plain

f:id:bennybebad:20181024105414j:plain

獅子山、再び。

 

f:id:bennybebad:20181024105543j:plain

こちら、妙見池にかかる橋と、その手前の鳥居。
この奥に、境内社があります。

 

f:id:bennybebad:20181024105625j:plain

「尊星殿」の全景。

 

f:id:bennybebad:20181024110651j:plain

遠景。

 

f:id:bennybebad:20181024110921j:plain

お隣の公園。

 

f:id:bennybebad:20181024111107j:plain

f:id:bennybebad:20181024111113j:plain

f:id:bennybebad:20181024111219j:plain

「千葉常胤」さんも近くにいらっしゃった、「出世弁天」。
公園の脇にありました。

 

f:id:bennybebad:20181024200211j:plain

御朱印

 

さて。

 

◯こちら===>>>

日本伝説叢書. 下総の巻 - 国立国会図書館デジタルコレクション

 

↑本当は史料価値の高い文献を選ぶべきなのでしょうが、とりあえずさっくり、ということで、『日本伝説叢書』の「下総の巻」から(引用にあたって旧字をあらためた箇所あり/判読不能文字は■に置き替える)。
53コマです。

 

千葉神社【妙見社】(千葉郡千葉町)
妙見社千葉神社は、妙見尊を祀つてゐる。千葉に、妙見尊を勧請した由来は「千葉集」そのほかの古記録の伝ふる所に依ると、承平天慶の昔、平将門が、乱を為した時、常陸大掾国香は、之を討とうとして敗刄に帰し、尋で平良文出でて飽まで之を誅討せんとしたが、是又大敗に帰し、良文は、上野次郎忠頼、権中将三浦忠光、上野介良経、村岡平太夫忠常、粟飯原文次郎常時等主従と共に、積雲深い上州の山中に遁れ、そして、良文は、もはや武運つきたるものと覚悟して、そこにて死を決したが、従者の進言を容れて、再び旗を染谷川に◼︎し、陣を布くと、味方のものどもは、四方より参集して、漸く百騎ばかりとなつたが、将門の軍は多勢にて、衆寡敵せず、此處でも亦、良文将に危からんとした。時に、俄然迅雷天地を振動し、乾坤為に晦冥、恰も数万の伏兵一時に起て良文の軍を味方するものあるかの如く見えたので、味方は大いに勢を得た。これに反して、敵は頓に気を喪ひ、将門は、危機一髪の境に陥つた。斯て霎時にして天晴れんとするとき、金色の垂直に白妙の袴を着した童子が、雲間に現はれ、瞬時にして影は消え失せたので、良文始め味方の士卒等は、均しくその不思議の出来事に驚嘆して居た。此時、敵兵の死するもの三百五十余騎、良文は遂に大捷を得た。すると、良文がその夜の夢に、一人の童子忽然と現はれ、『爾が母、我を信じて爾を設く、懐胎三歳月の時、胎中の一子願くは男子たらしめよ。而して男子たらば、天下無双の名将たらしめ給へ 然らば子孫永々氏神として崇敬し奉べしと祈る。故にわれ爾を助けたり。』と宣ふた。是に於て翌日之を附近の農夫に就て質すと、上野国群馬郡花園村七星山息災寺は、聖武天皇の勅願所であつて、行基菩薩の開基に成り、中尊は北辰妙見尊であると聴き、良文主従は直ちに息災寺に詣で、粟飯原常時を三年間此處に留めて守護せしめ、自らは武州藤田に帰り、軍に臨むに際しては、常に即催寺の方に向つて祈願を為て居たが、未だ嘗て戦利を得ないことはなかつたと言ふことである。そして、その後、良文は、居城の地に尊体を迂さんとして、常時をして宣旨を請はしめると、堂の扉は自然に開いたので、常時は畏み畏み、自ら尊体を背負い、息災寺を出でて、昼夜兼行して武州蓑の崎に着いた、良文は此處に之を奉迎して、共に藤田に帰り、次で秩父の大宮及び相州鎌倉等に移つたが、随所に必ず妙見尊を奉じたとのことである。さうして、千葉に初めて之を勧請したのは、良文の孫忠常の代であると伝へられて居る。一説に大治元年六月に、常重が大椎郷から、千葉に勧請したと云ふのは、再度の勧請で、是より先、既に千葉に在つたのであるといふ。尤も、大椎要害の城下には、今尚ほ妙見の古堂一宇がある。別当は北斗山金剛授寺で、後世人は之を妙見寺と云つて居る。これ、実に千葉の妙見尊王の由来の大要であるといふのである。その後一条天皇は、勅して之を勅願所ち定めさせられ、千葉家廿余世の間、その氏神として尊崇し奉り、徳川家康又深く当寺を崇敬し、永代二百石を賜はり。明治戊辰の歳王政復古となつて、神仏混淆の制を改めらるるに当って、寺院にては祭典を行ふ事が出来ないので、妙見寺の寺号を改めて妙見社とし、天御中主命を祭り、相殿には富津主命及び日本武尊を祭り、更に又、千葉神社と改めて、明治七年一月十九日を以て、社格を県社に列せられた。社殿は、古壮麗を極めたが、明治七年祝融の災に罹つて、堂塔悉く烏有に帰し、再建の後、又、明治三十七年一月廿日再び祝融の災に遭ひ、今は仮殿を存するのである。(略)」

 

平将門」からみであることはわかりましたが、「平良文」のことがさっぱり……。
というわけで、コトバンクから、

 

◯こちら===>>>

平良文(たいらの よしぶみ)とは - コトバンク

 

平良文

生年:生没年不詳
平安中期の東国の武将。父は賜姓平氏一世の高望。村岡五郎と称す。京で衛門府の官人として仕官したらしいが、活躍の舞台は本拠地の下総国(千葉県,茨城県)であった。ここで上総国(千葉県)の良兼、常陸国(茨城県)の国香、下総国の将門ら兄や甥たちと対立した。平将門の乱(935~40)での動静は明らかでないが、『源平闘諍録』には,良文が将門の養子であったとするなど、将門と親しい関係にあったらしい。また『今昔物語集』は、武蔵国足立郡箕田郷の源宛 と仲違いしたことから合戦となり、両軍が見守るなか一騎打ちをして引き分け、その後は心を通わせたという話を載せる。土肥、三浦などの坂東八平氏はすべて良文の後裔を称している。」

 

……「平良文」が「平将門」と仲が良かったのか、争ったのか、今ひとつわかりませんが……「妙見菩薩」の出てくる伝説を考えると、あんまり仲は良さそうではない感じですね。
そして、「平良文」は、千葉氏の祖、ということになっているそうです。

 

◯こちら===>>>

房総叢書 : 紀元二千六百年記念. 第3巻 史傳其一 - 国立国会図書館デジタルコレクション

 

↑『房総叢書』の中に、『千葉実録』といった文献がありまして、その中に千葉氏各代の記事がありますので、ご参考に(ちらっと見ましたが、面白そうです……ちょいちょい「妙見菩薩」も出てきます)。
ようやく、千葉(というか、関東というか)で妙見信仰が広がっている理由がわかりました(千葉氏と、あとは「日蓮」上人と)。
が、詳しく掘れず……妄想もあまり……ただ、軍神武神の類でなく、「妙見菩薩」というところが面白いですね……背後に何があるのか……天台宗系の勢力かな……。

「登渡神社」(千葉市中央区)〜千葉道中

10/24。
さらに歩いてみよう、ということで検索の結果発見したのが「登渡神社」

 

◯こちら===>>>

www.towatarijinjya.com

 

「とわたりじんじゃ」とお読みするようです。

でも、地名としては登戸……「のぼりと」とも読めてしまう。

複雑(?)。

 

 

f:id:bennybebad:20181024091847j:plain

f:id:bennybebad:20181024091904j:plain

鳥居。

狭いわりに通行量の多い道路に面して、難儀な立地な感じがします。

 

f:id:bennybebad:20181024091921j:plain

f:id:bennybebad:20181024091930j:plain

参道。

長い(良い)。

 

f:id:bennybebad:20181024091939j:plain

ストーンサークル……ではなく水準点でした。

 

f:id:bennybebad:20181024092011j:plain

階段を登ります。

 

f:id:bennybebad:20181024092041j:plain

f:id:bennybebad:20181024092129j:plain

……妖怪ハウス?

宮崎アニメに使われそうなデザイン。

 

f:id:bennybebad:20181024092358j:plain

拝殿。

立派だ。

 

f:id:bennybebad:20181024092417j:plain

f:id:bennybebad:20181024092424j:plain

f:id:bennybebad:20181024092437j:plain

f:id:bennybebad:20181024092504j:plain

f:id:bennybebad:20181024092521j:plain

f:id:bennybebad:20181024092529j:plain

狛犬さん。

ムキっと出した歯茎、小さめの顔、鬣の造形が立体的でない、突っ張った前足、いいです。

 

f:id:bennybebad:20181024092448j:plain

f:id:bennybebad:20181024092538j:plain

石灯籠。

台座部分に七尾の亀。

 

f:id:bennybebad:20181024092551j:plain

拝殿別角度。

 

f:id:bennybebad:20181024092643j:plain

f:id:bennybebad:20181024092716j:plain

f:id:bennybebad:20181024092735j:plain

f:id:bennybebad:20181024092741j:plain

f:id:bennybebad:20181024092754j:plain

本殿も、ちょっと近くで見られて幸せ。

海老虹梁から木鼻への窮屈なラインがまたよし……そして彫刻が素晴らしい。

 

f:id:bennybebad:20181024092911j:plain

境内社の「浅間神社」と、御神水

 

f:id:bennybebad:20181024093001j:plain

f:id:bennybebad:20181024093037j:plain

f:id:bennybebad:20181024093052j:plain

f:id:bennybebad:20181024093101j:plain

f:id:bennybebad:20181024093112j:plain

f:id:bennybebad:20181024093118j:plain

f:id:bennybebad:20181024093204j:plain

f:id:bennybebad:20181024093220j:plain

庚申塔……だけではなさそうです、子供を抱いているのは「鬼子母神」かな……「青面金剛」の顔はどうしちゃったのか……。

 

f:id:bennybebad:20181024093014j:plain

うっすら、もともとの山号寺号が。

 

f:id:bennybebad:20181024093253j:plain

f:id:bennybebad:20181024093257j:plain

f:id:bennybebad:20181024093309j:plain

大師堂がありました……っけ?

すっかり記憶にない。

手前の祠は、観音様っぽい……。

 

f:id:bennybebad:20181024093405j:plain

ご神木。

 

f:id:bennybebad:20181024093444j:plain

鐘。

 

f:id:bennybebad:20181024093508j:plain

楽殿

びしっとしまっていました。

 

f:id:bennybebad:20181024093701j:plain

f:id:bennybebad:20181024093712j:plain

境内摂社。

読めなかったりしますが、奥から「八坂」「天神」「?」「古峯」「狭長田」「痘」……。

 

f:id:bennybebad:20181024093756j:plain

祠。

何がお祀りされているのか、はっきりとはわかりません。

御嶽講とかかな……。

 

f:id:bennybebad:20181024093819j:plain

拝殿遠景。

参道からは想像できない、広々とした境内です。

 

f:id:bennybebad:20181024093921j:plain

お稲荷さん。

 

f:id:bennybebad:20181024094542j:plain

「船中安全」。

船霊……は船の外に祀ったりしないように思いますが、引退した船から遷されたのかな……。

 

f:id:bennybebad:20181024094600j:plain

「水神社」。

 

f:id:bennybebad:20181024200202j:plain

御朱印

 

随分水に関係する社があるんだなぁ……と、そういえば御祭神も確認していなかった。
神社でいただいた由緒書きによれば、御祭神は「天之御中主神」「高皇産霊神」「神皇産霊神」「天日鷲神」。

 

「当神社は正保元年(一六四四)九月五日、千葉家の遺族、登戸権介平定胤が祖先を供養するため千葉妙見寺(現在の千葉神社)の末寺(白蛇山真光院、通称登戸妙見寺)として妙見大菩薩を奉斎し、僧定弁に守護させたのがそのはじめであると伝えられております。その後、十四世興胤の時、慶応三年(一八六七)十二月二十六日、御社号を登渡神社と改め御祭神を天之御中主神以下の造化三神に定め、明治四十一年(一九〇八)十二月十八日、登戸字鷲塚(千葉市新千葉三丁目)鎮座、鷲神社(御祭神、天日鷲神)を合祀し、四柱の神様をお祭りすることになりました。(略)」

 

元々は「妙見さん」だったので、神仏分離で「天之御中主神」になった、と。

妙見菩薩」は、何度か引用していますが、北極星と同一視されまして、それが天の中心にいらっしゃるということで、「天之御中主神」とも同一視されていく、ということになったようです。

彫刻が見事だと思ったら、やはり諏訪の立川流

うむ、味わい深い神社でした……(いろいろと調べたいこともあるのですが……関東地方に多い妙見信仰と将門伝説と日蓮宗とか……時間が……)。