べにーのGinger Booker Club

神社仏閣ラブ(弛め)

「石作神社」(再)(長久手市)〜高速初詣その2〜

1/3。
名東区まできちゃったので、近くの「石作神社」へ。

 

◯こちら===>>>

「石作神社」(長久手市) - べにーのGinger Booker Club

「石作神社」(補) - べにーのGinger Booker Club

 

↑以前の記事です。

 

f:id:bennybebad:20170103135224j:plain

参道の階段。

 

f:id:bennybebad:20170103135231j:plain

例のやつ。

 

f:id:bennybebad:20170103135246j:plain

鳥居。

やはり地元の方で賑わっており、境内をぱしゃぱしゃ写真に撮るのははばかられましたので、こんな感じです。

 

f:id:bennybebad:20170103192625j:plain

御朱印
さすが三が日、御朱印をいただける確率が高いです。

 

もうちょっと続けます〜。

「(猪子石)神明社」(再)(名古屋市名東区)〜高速初詣その2〜

1/3。

せっかく名東区まできたので、「(猪子石)神明社にも立ち寄ってみました。

 

◯こちら===>>>

「神明社(猪子石)」「猪子石神社」「大石神社」 - べにーのGinger Booker Club

 

↑過去の記事です。

 

f:id:bennybebad:20170103132608j:plain

由緒書。

 

f:id:bennybebad:20170103132617j:plain

狛犬さんたら、

 

f:id:bennybebad:20170103132624j:plain

狛犬さん。

 

f:id:bennybebad:20170103132639j:plain

遠景。
さすが氏神様、というべきか、初詣客で非常に賑わっていました(写真が少ないのはそういうことだと思ってください)。

 

f:id:bennybebad:20170103192554j:plain

f:id:bennybebad:20170103192611j:plain

御朱印

いつのまにか「龍耳社」の御朱印もできていたらしく、いただきました。

「龍耳社」については、↑↑の過去記事をご参考に。

耳の神様、というなかなかないご利益ですので、耳鳴りがする、空耳が聞こえる、「洋楽の一節が日本語のように聴こえてしまうソラミミストのかたは、是非ともご参拝のほどを〜。

 

さて。

尾張名所図会』を探ってみたのですが、この辺りの記事はあるものの、ただの氏神様については記述なく。

尾張志』をぱらぱらしていて、「愛知郡」の巻にそれらしきものを見つけました。

 

◯こちら===>>>

国立国会図書館デジタルコレクション - 尾張志. 5 愛知郡

 

12コマです(引用にあたって旧字をあらためた箇所あり/判読不能文字は■に置き替える)。

 

神明社 天照大御神豊受大神を祭る境内に鍬神社あり当村の本居神也」

 

……えっと、はい。これだけで……。

 

◯こちら===>>>

名古屋市:香流川コース(詳細)(名東区)

 

名東区の史跡散策路のHPには、

 

「猪子石の氏神様で、創始年月日は不明ですが、安永2年(1773年)村民の総意で現在の地に鎮座されたと伝えられています。現在の社殿は昭和39年に改築されたもので、末社には天王社など、祠堂には猪子石神社などがあります。「体育の日」に行われる例大祭を始め、9月の秋分の日には子ども相撲を奉納するなど、様々なお祭が地域の年中行事として行われています。
クスノキやアベマキの名古屋市の指定保存樹4本を有するなど、大変緑豊かな境内で、敷地内には御料地払下記念碑や、日本一の規模といわれる猪子石土地区画整理事業の完成記念碑などがあります。
また、この辺りは月心寺とあわせて猪子石城址とみられていますが、何も残っていません。近隣にある民家の中に「痔塚」があり、長久手の合戦の頃に猪子石城主だった横地氏と所縁があると伝えられています。」

 

という記述があります。

そういえば、資料館があるのですが、第一日曜ほか開館、ということでなかなか赴けていないのですよね……今度行ってみよう。

 

もうちょっと続きます〜。

 

「和示良神社」(再)(名古屋市名東区)〜高速初詣その2

1/3。
緑区まで来てみましたが、ひょっとしてというノリで、御朱印がいただけそうにない神社へ。
「和示良神社」です。

 

◯こちら===>>>

「和示良神社(名東区)」 - べにーのGinger Booker Club

 

↑以前の記事です。
相変わらず失礼極まりないなぁ……と思いますが、さらしておきます。

 

f:id:bennybebad:20170103130159j:plain

……あ、写真はこれだけです。

氏子さん、近所のみなさんで思ったよりも賑わっていました。

 

f:id:bennybebad:20170103192540j:plain

御朱印
まさかいただけるとは……。

 

さて。

◯こちら===>>>

国立国会図書館デジタルコレクション - 神社覈録. 上編

 

今回は『神社覈録』より(引用にあたって旧字をあらためた箇所あり/判読不能文字は■に置き替える)。
403コマです。

 

「和爾良神社
和爾良は假字也 ◯祭神在所等詳ならず
考証に、旧事紀を引て、和邇君等祖阿田賀田須命とし、集説に、姓氏録を引て、和爾古姓祖同神とし、又私曰、天孫本紀曰、建乎和邇命身人部連祖、云々、是尾張氏種類之神也と云えり(略)」

 

むん、わかるようなわからないような……ともかく、『神社覈録』が成立した時点でも、すでに場所はよくわからなくなっていた、と。
では、

 

◯こちら===>>>

国立国会図書館デジタルコレクション - 特選神名牒

 

『特選神名牒』ではどうでしょうか。
166コマです。

 

「和爾良(わにら)神社
(略)
今按愛知郡藤森村白山社の二十間許西に旧社とて俗にをねら。わねら。うにわ。わにら。など云處あり又同郡長久手村三社の森を和爾良社と云ひ春日井郡猪子石原村天神社を和爾良社なりと云伝ふ右の村々は何れも古へ山田郡ならむと云り又春日井郡新田八幡の東方三町ばかりにわにしみづ。かにしみづ。と云地この社の旧趾にて則和爾良社なりと云へども是は正しく春日郡の地なれば従ひがたし」

 

うーん……ここに出てくる三つの村は、非常に近い位置関係にあります(というかほぼ隣り合ってます)が、『延喜式』で言うところの「山田郡」ではないので、どれも違うだろう、と。
最後の「新田八幡の東方」というのも、こちらは「春日郡」なので「山田郡」ではない、と。
延喜式』は、郡の名前だけではなくて、もうちょっと位置関係とかも残しておいてもらえるとよかったんですが……。
津田正生翁の『尾張国神社考(原題「尾張国神名帳集説本之訂考」)』(ブックショップ「マイタウン」)も、長久手村に和爾坂って地名があるけどどうだろうねぇ」(大意)としか言っていませんし(一方で、長久手村はかつて「山田郡」だった、とも書かれていますが、さてどうなのか……)。
で、ここで触れられているうちの、「猪子石原村天神社」がこちらの「和示良神社」のことなのですが……うーん、本当なのか。
これはいよいよ区史、村史を探らなければならないのか……。

いえ、すでに研究されていらっしゃるかたは多いと思いますが……時間があれば。

 

今年も半分過ぎたのに、まだ初詣の記事ですよ……申し訳ない。

まだ続きます。

「鳴海八幡宮」(名古屋市緑区)〜高速初詣その2〜

1/3。

天気が悪くなってきたけれど、降るや降らぬや、な感じだったので引き続き初詣。

「鳴海八幡宮へ。

 

○こちら===>>>

名古屋市:緑区史跡散策路・緑地・砦コースの紹介(緑区)

 

緑区の史跡散策路のHPです。

鳴海駅付近のコインパーキングからわりと歩いて、住宅街の中に分入って、という感じでした。

 

f:id:bennybebad:20170103115116j:plain

社標。

 

f:id:bennybebad:20170103115130j:plain

参道正面。

 

f:id:bennybebad:20170103115238j:plain

うーんと、入り口付近だったので、「祓戸大神」の神社だと思います。

 

f:id:bennybebad:20170103115246j:plain

鳥居正面。

 

f:id:bennybebad:20170103115418j:plain

ちょっと飛びまして、拝殿の扁額。
「八」の鳩がふくよかですね。

 

f:id:bennybebad:20170103115431j:plain

ご神木の楠、だったかと。

 

f:id:bennybebad:20170103115436j:plain

拝殿正面。
近代的な作りですので、最近修復されたものかと。

 

f:id:bennybebad:20170103115633j:plain

境内社が……なんて言うんでしょう、別棟にまとめられています。
いえ、まとめられているのはよく見るのですが、こうしてがっつり建物の中に、というのは珍しいような気がします。
これも新しいから、でしょうか。
向かって左から「高良社」(祭神「武内宿禰」)、「金刀比羅社(祭神「大物主神)」、「須佐之男社(祭神「須佐之男命」)」。

 

f:id:bennybebad:20170103115633j:plain

並びであと三座、「国造社(祭神「大国主神」)」、「御鍬社(祭神「天照大御神」「豊受大御神」)」、「秋葉社(祭神「軻遇突智命」)」。

 

f:id:bennybebad:20170103115639j:plain

本殿を、向かって右から。

 

f:id:bennybebad:20170103115646j:plain

社標と灯篭。
うーん、元村社だったのが、消されているということなんでしょうか。

 

f:id:bennybebad:20170103115652j:plain

境内社の「鳴海稲荷大明神」。

 

f:id:bennybebad:20170103115713j:plain

狛犬さんたら、

 

f:id:bennybebad:20170103115725j:plain

狛犬さん。
「島田神社」の様式にも似た、近代的な造形とパーツ割ですね。

 

f:id:bennybebad:20170103115803j:plain

境内社の「北野天満社」。

 

f:id:bennybebad:20170103115910j:plain

f:id:bennybebad:20170103115917j:plain

こちらは「香良洲社(祭神「稚日女尊」)」の……社殿といっていいのか……。

 

f:id:bennybebad:20170103115930j:plain

参道。

 

f:id:bennybebad:20170103115936j:plain

こちら、「鳴海稲荷大明神」の正面。

 

f:id:bennybebad:20170103120023j:plain

祠。

 

f:id:bennybebad:20170103120219j:plain

f:id:bennybebad:20170103120227j:plain

遠景。

 

f:id:bennybebad:20170103120417j:plain

ご神木の楠。

 

f:id:bennybebad:20170103120447j:plain

正面から遠景再び。
こうして見ると、ご神木の勇壮な様子がよくわかります。

 

f:id:bennybebad:20170103120504j:plain

境内図。

 

f:id:bennybebad:20170103192528j:plain

御朱印
三が日ということで、神職さんは社務所ではなく参集所にいらっしゃいました。

 

さて。

 

○こちら===>>>

国立国会図書館デジタルコレクション - 大日本名所図会. 第1輯第8編尾張名所図会

 

まずは『尾張名所図会』から行ってみましょう(引用にあたって旧字をあらためた箇所あり/判読不能文字は■に置き替える)。
333コマです。

 

八幡宮
駅の南、善之庵村にあり。祭神応神天皇。此社も亦鳴海神社と称するは、東宮大明神の別宮なるがゆゑなり。
例祭 八月十五日。神輿を北の方の森へ遷幸し奉り、駅々より笠鉾及びねり物を多く出して、駅中を引渡し、頗壮観にして、旅客の目を喜ばしむ。総て近郷の祭礼、此式に慣ひて笠鉾を出せるもの多し。(以下略)」

 

↑↑の方の、緑区の史跡散策路のHPにも、

 

「祭神は応神天皇瓊々杵尊玉依姫命神功皇后月読命の五柱。創建は不祥。成海神社の別宮と伝えられている。裏方の成海神社に対し、表方と呼ばれる。神木は樹齢1100から1200年のクスノキの大木である。」

 

とありまして、どうやら「成海神社」とは深い関係にあるようです。

 

○こちら===>>>

「成海神社」(名古屋市緑区) - べにーのGinger Booker Club

 

↑「成海神社」の記事です。
あんまり大したこと書いてないですが、これはどうも両社の関係を探ってみないことには……ええと、またいつか、ということにしていただけますか。

 

○こちら===>>>

国立国会図書館デジタルコレクション - 尾張志. 5 愛知郡

 

↑『尾張志』の「愛知郡」編より。
18コマです。

 

「八幡社
鳴海むらにあり応神天皇を祭る創建の年月定かならすいにしへに神領ありけるが今は絶えり弘治天正なとの證状に成海神社とひとしく此社号も見えて並々ならさりし社なる事も知られたり(以下略)」

 

↑こちらも、「成海神社」とのことにさわっているだけで、それ以上のことは書かれていない、と。

うーむ……。

神社でいただいた由緒書によれば、

 

「御祭神 応神天皇(品陀和気命) 神功皇后(息長帯日賣命) 玉依毘賣命 邇邇芸命 月読命
(略)
由緒
八幡宮の本宗は大分県宇佐市鎮座の宇佐八幡宮である。古く飛鳥時代より朝廷の尊崇を受け、貞観元年(八五九)に山城国石清水八幡宮が勧請された。
鳴海八幡宮の創建は詳らかでないけれども、貞永元年(一二三二)に久野氏初代大賀元久社職となり、三代久野屋仲次郎太鳴海両宮神主職を嗣ぎ、武官を兼ね三ケ庄を給ふとあり、それ以前の創建と思はれる。
境内に聳える大楠は、室町時代に既に大木であつたと伝へ、神木として扱はれる。
弘治三年(一五五七)久野家十一代保清二郎左衛門の時、今川義元が鳴海城城主を通じて、八幡宮及び東宮に神田と禰宜屋敷との朱印状を与へた。次いで天正十七年(一五八九)山口長次郎重政が両宮に神田を寄進した。元和八年(一六二二)御本殿再建の棟札がある。神輿は古いものが中絶してゐたので宝永四年(一七〇七)に新調した。
まいねん八月十五日(今十月十五日迄日曜日)の例祭には神輿の渡御があり、十五町内の氏子の奉仕により、神宝等を奉持し、長蛇の如く町内を巡幸する。又町内より五台の山車の奉曳があり、夜には数百の小提燈うぃ点け、囃子賑やかに練り、近郷近在よりの参詣者で町中賑合ひ、今も衰えへず。
(略)
明治五年村社に列核、明治四十年幣帛料供進社指定村社となる。明治五年以前は八幡宮で、以後は八幡社であった。昭和四十三年、伊勢湾台風で倒壊した本殿を新築し、同時に鳴海八幡宮と改称した。」

 

おや……『名所図会』や『尾張志』に書かれている弘治天正の棟札、の内容と思われる記述があります。

一方で、「成海神社」との関係は詳しく触れていない、と。

うーん……こりゃ本当に、緑区の歴史を調べないといけないか……。

また今度、「成海神社」の参拝に行ったときに考えます〜。

 

まだ続きます。

「(笠寺)七所神社」(再)(名古屋市南区)〜高速初詣その2〜

1/3。

「富部神社」の参拝を終え、笠寺方面へ。

笠寺観音」は賑わっておろう、と思いまして、「七所神社」を参拝。

 

こちら===>>>

「七所神社」(名古屋市南区)〜「笠寺界隈」(2) - べにーのGinger Booker Club

「笠寺界隈」(補) - べにーのGinger Booker Club

 

↑以前の記事です。

 

f:id:bennybebad:20170103110825j:plain

いたって平穏……のんびり参拝。

写真はこれだけです。

社務所が見つけられなかったのですが、東側の階段を下って、左手の奥にありました。

神職さんはいらっしゃらなそうだったのですが、ちょうど女性がお帰りになったので、お訊ねすると御朱印をいただけました。

 

f:id:bennybebad:20170103192507j:plain

 

よかったよかった。

というわけで、次の目的地をどこにしようか、と思っているうちに雲行きが怪しくなってきましたよ……とりあえず緑区方面へ〜。

「富部神社」(再)(名古屋市南区)〜高速初詣その2〜

1/3。

「島田神社」を後にして、向かったのは南区は「富部神社」

 

こちら===>>>

「富部神社」(南区) - べにーのGinger Booker Club

 

↑以前の記事です。

 

f:id:bennybebad:20170103103749j:plain

f:id:bennybebad:20170103103104j:plain

……はい、写真はこれだけです……。

 

f:id:bennybebad:20170103192455j:plain

↑都合4回めのご参拝で、授与所が開いていたので、御朱印がいただけました。

新年のスペシャル印もあるとのことです(通常のがわからないので、どっちなのか……)。

 

f:id:bennybebad:20170103192735j:plain

f:id:bennybebad:20170103192741j:plain

「戸部かえる」がデザインされた御朱印帳があったので、思わず購入。

ううむ、御朱印帳集めまでするつもりはないのですが……やはりデザインによってはつい……。

 

さあ、まだ始まったばかりです。

「島田神社」(名古屋市天白区)〜高速初詣その2

1/3。
三が日の朝も早くから自宅を出るのを家族にやや不審がられました。

とりあえず、名古屋市内をうろうろするぞ、ということで、天白区の「島田神社」へ。

 

こちら===>>>

http://j-e-01.com/2simada.html#2_2

 

↑素敵サイトです。

どうやら、この辺りの歴史を学ばないといけないようですが……とりあえず、何も考えずに、ご参拝。

 

f:id:bennybebad:20170103090655j:plain

曙光。

 

f:id:bennybebad:20170103090747j:plain

こちらの入り口は正面ではないです。

 

f:id:bennybebad:20170103090854j:plain

社標。

 

f:id:bennybebad:20170103091109j:plain

境内をぐるっと南の方へ回っていくと、参道正面があります。
おっと、村社でしたか……。

 

f:id:bennybebad:20170103091119j:plain

門松。

 

f:id:bennybebad:20170103091128j:plain

狛犬さんたら、

 

f:id:bennybebad:20170103091133j:plain

狛犬さん。
新しい造形で好ましい……変形しそうなパーツ割です。

 

f:id:bennybebad:20170103091138j:plain

参道正面。

 

f:id:bennybebad:20170103091221j:plain

鳥居付近にありました、「産之神社」。
「産土」という意味でしょうか。

 

f:id:bennybebad:20170103091315j:plain

二の鳥居。
ほんのりまだ提灯に灯りが灯っています。

 

f:id:bennybebad:20170103091445j:plain

狛犬さんたら、

 

f:id:bennybebad:20170103091754j:plain

狛犬さんは拝殿前。

 

f:id:bennybebad:20170103091515j:plain

拝殿。
現代的です。
この色あい……クリーム色っていうんでしょうか、あんまり好みではないです……のっぺり感が。

 

f:id:bennybebad:20170103091653j:plain

拝殿右手奥に進むと、境内摂社が。

 

f:id:bennybebad:20170103091656j:plain

撫で牛さん。

 

f:id:bennybebad:20170103091711j:plain

というわけで、正面は「天神社」。

 

f:id:bennybebad:20170103091721j:plain

右手は「秋葉社」。

 

f:id:bennybebad:20170103091740j:plain

狛犬さんたら、

 

f:id:bennybebad:20170103091754j:plain

狛犬さん。

 

f:id:bennybebad:20170103091800j:plain

左手は「天王社」。
牛頭天王社」でしょうね。

 

f:id:bennybebad:20170103091814j:plain

「鷽かえ」の……これ、ウグイスですかね……。

 

f:id:bennybebad:20170103091829j:plain

ちょっと遠景。

 

f:id:bennybebad:20170103091841j:plain

神楽殿、かな……。

 

f:id:bennybebad:20170103091849j:plain

神馬。

 

f:id:bennybebad:20170103091931j:plain

「招魂社」。

 

f:id:bennybebad:20170103092025j:plain

「島田神社由緒記
本社は伊邪那岐之命、伊邪那美之命、事解之男命、速玉之男命、、天照大神大山祇神鵜葺草葺不合命応神天皇少彦名神を祀る
摂社に菅原道真公を祀り、末社素盞之男命、迦具土之神を祀る
古来是の処に熊野権現池場地内に神明祠、八幡祠、天神祠の四神祠あり末社を祀る
熊野権現は貞治年間島田城の守護神として城主牧高経公の崇敬殊に篤かり
文政年間の記録に本郷氏神熊野権現境内二反歩、池場氏神神明祠境内一■四■二十歩、池場島■八幡祠境内二十八歩あり村民の崇敬を受くとあり
明治四十二年に到り前記四神祠をすべて合祀の上黒石地内に一時移転鎮座す
大正十二年に到り再び是の地に移転鎮座し給う 昭和四十八年十月本殿、摂社、末社、社務所、神楽殿、御手水舎の改築境内整備に着工昭和五十年十月完工し奉る
創建年代不詳
(略)」

 

……まあ、よくわかりませんが、最初は「熊野権現」だったようです。

 

 

f:id:bennybebad:20170103092032j:plain

拝殿を向かって左手から。
この石灯籠が大きいのです。

 

f:id:bennybebad:20170103092555j:plain

入り口まで戻りました。

 

f:id:bennybebad:20170103092604j:plain

御神紋。
独特というか……屋号みたい?

 

f:id:bennybebad:20170103192436j:plain

御朱印

地元の氏子さんがたくさんいらっしゃって、これから賑わうのだろうな、という時間に御朱印をお願いするのがちょっと忍びない……と思ったんですが、平時は結構な早い時間しか受付していないようで。
三が日でよかったのか何なのか……。

 

さて。
そのものずばり、の文献がぱっと見つからなかったもので、今回はとりあえず、

 

こちら===>>>

名古屋市:史跡散策路「清流と神社・寺院コース」(天白区)

 

↑天白区の史跡散策路のHPから。

 

「祭神は伊邪那岐命伊邪那美命を始め九柱を祀る。創建不詳。この神社には、島田城主であった斯波高経(牧氏の祖)が貞治年間(1362から1367)島田城を築くにあたり、城の鬼門除けの守護神として熊野権現を祀っていた。明治42年池場神明社、八幡社、天神社を合祀の上、さらに黒石の山神社、天神社を合祀し黒石に移る。大正12年現在地に鎮座し、同15年天神社、秋葉社を境内に祀り、名称も島田神社と改めた。」

 

さっきから登場している、黒石という地名がどこなのかよくわからないんですよね……池場はなんとなくわかりますが……。
どうも、この辺りのことを真剣にやろうとすると、斯波氏とか調べないといけなさそうなので、今回はちょっとスルーでお願いします……(記事が先に進まなくて……)。
ただ、村社なのに『名古屋市史』をざっと見ても掲載されていなかったんですよね……例の当時はまだ名古屋じゃなかったオチですかね……うーむ。

 

というわけで、高速初詣その2の開幕〜。