読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

べにーのGinger Booker Club

神社仏閣ラブ(弛め)

「七寺」「大光院」「陽秀院」〜大須ぶらぶら

12/29。

「富士浅間神社」をあとにして、大須ぶらぶら。

まずは「七寺」へ。

 

○こちら===>>>

「稲園山七寺」 - べにーのGinger Booker Club

 

↑以前の記事です。

 

f:id:bennybebad:20161229094145j:plain

御朱印いただけるのですが、ちょうど参拝客の方がいらっしゃったので、またの機会に。

 

さてはて、さらにぶらぶらしましょうか、ということで大光院へ。

 

○こちら===>>>

「大須観音」「興国山大光院」 - べにーのGinger Booker Club

 

↑以前の記事……っていうか、何も書いていないに等しいですね。

このブログの超初期の記事なもので。

 

○こちら===>>>

http://www.ohsu.co.jp/myo1.html

 

↑もご参考に。

 

f:id:bennybebad:20161229094943j:plain

いきなり本殿前。

明王伝レイ』……我が業は我が為すにあらず……じゃなくて「明王殿」。

御本尊は「烏枢沙摩明王」、東司の守護神です(厠のことです)。

 

f:id:bennybebad:20161229094958j:plain

大光院
興國山と号し、曹洞宗の寺院である。もと清善寺と号し、松平忠吉清洲城主、徳川家康の第四男)が崇敬していた明嶺理察和尚を開山とし、清須に創建した。忠吉亡き後その法名をとり大光院と改め、慶長十五年(一六一〇)の清須越でこの地に移された。
境内の明王殿に祀る烏瑟沙摩明王は、世の中の一切のけがれや悪を清め、霊験あらたかであるといわれる。尾張名所図会に「毎月二十八日を縁日として参詣の諸人羣集(群集)をなす」とあり、そのにぎわいは今も続いている。」

 

おっと、「烏瑟沙摩明王」の文字が違っていましたね、↑のやつ……。

 

 

密教辞典

密教辞典

 

 『密教辞典』によれば、

 

烏枢沙摩明王(略)一切の不浄・悪を焼尽する偉力のある明王台密系では。五大明王の北方に配して金剛夜叉明王の代りに用いる)。両部曼荼羅には見えず、空海の将来以後、産褥の穢れ、枯木の精、毒蛇の害、悪鬼の祟り除外など、単独に信仰されたから異像が多い。中国でも盛んに造像されたらしく別尊雑記などに唐本図像が多い。現存の敦煌画には、各臂・両足に蛇が巻付き、髑髏を瓔珞、頭髪は逆立ち、火焔光を負う。像の上方左右に阿閦・阿弥陀両仏を配して火頭金剛と記す。(略)」

 

となっています。

不浄を焼き尽くすことから、厠の守護神につながっていったものと思います。

不動明王」、「孔雀明王」辺りと役割が被っている感じがします。

 

f:id:bennybebad:20161229095020j:plain

参道、「明王殿」。

 

f:id:bennybebad:20161229095043j:plain

門。

「赤門」ですね。

 

大光院」の近く、斜向かい辺りにありますのが「陽秀院」

 

○こちら===>>>

http://www.ohsu.co.jp/ohsu/youshu.html

 

f:id:bennybebad:20161229095338j:plain

曹洞宗で、「隣松山」が山号のようです。

天狗の団扇が寺紋、ということで。

 

f:id:bennybebad:20161229095348j:plain

「紙張水子地蔵尊 秋葉三尺坊」、秋葉さんだったようです。

 

f:id:bennybebad:20161229095328j:plain

「紙張地蔵」というのが有名なようです。

 

f:id:bennybebad:20161229095250j:plain

本堂。

秋葉大権現」。

 

f:id:bennybebad:20161229095307j:plain

門を入ったすぐの左手に「紙張地蔵尊」がいらっしゃいました。

この真っ白のお方です。

 

○こちら===>>>

名古屋市:中区:史跡散策路(中区)

 

↑中区の史跡散策路HPより。

 

曹洞宗の寺院だが、境内にまつられるお地蔵様の信仰で知られる。これは、境内の石地蔵に濡らした紙を張りつけて祈ると、 地蔵が代わりに病苦を受けてくれるという地蔵信仰で、寛永年間の霊験談が現代にまで生きているもの。」

 

身代わり、触穢、接触呪術、というやつですね。

 

……うん、淡白。

 

引用などは次回にします〜。