読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

べにーのGinger Booker Club

神社仏閣ラブ(弛め)

「日吉大社」(滋賀県大津市)(その4)〜滋賀巡り(再)

さて。

 

○こちら===>>>

「日吉大社」(滋賀県大津市)(その1)〜滋賀巡り(再) - べにーのGinger Booker Club

「日吉大社」(滋賀県大津市)(その2)〜滋賀巡り(再) - べにーのGinger Booker Club

「日吉大社」(滋賀県大津市)(その3)〜滋賀巡り(再) - べにーのGinger Booker Club

 

「西本宮」近くまでやってきました。
近くに磐境らしきものがありまして、

 

f:id:bennybebad:20161202231647j:plain

こちらは「祇園石」。
祇園の神様が降り立つ霊石」だそうです。
「社伝では、岩の窪みに溜まる水は目に良く効く」そうです。

 

f:id:bennybebad:20161202231648j:plain

こちらは、「春日岡 九座の霊石」とあります。

 

f:id:bennybebad:20161202231649j:plain

こちら、「大威徳石」。
読みづらいですが、「仏法守護の五大尊明王である大威徳明王がほにゃららと「伝えられて」いるそうです。
普通に考えれば、ご降臨されたのでしょうが……何と言いますか、霊石ひとつとっても、神仏習合色が強いです。

 

f:id:bennybebad:20161202231650j:plain

こちら、「西本宮」楼門。

 

f:id:bennybebad:20161202231651j:plain

一気に拝殿。

 

f:id:bennybebad:20161202231652j:plain

「この拝殿は、方三間(桁行三間、梁間三間)、一重、入母屋造、檜皮葺、妻入りの建物です。
柱間は四方とも開け放して、屋根の妻飾りは木連格子、回り縁は高欄がつき、天井は中央部が一段と高くなった折上小組格天井となっています。
日吉大社の他の同じ形の拝殿のうちでは、一番手の込んだ構造となっており、天正十四(一五八六)年本殿と同時に建てられたものです。
昭和三九(一九六四)年五月に重要文化財に指定されました。」

 

f:id:bennybebad:20161202231653j:plain

拝殿から「宇佐宮」方向を。
木が高いですね……。

 

f:id:bennybebad:20161202231656j:plain

本殿。

 

f:id:bennybebad:20161202231654j:plain

「この本殿は、桁行五間、梁間三間、日吉造、檜皮葺の建物です。
日吉造は、一名聖帝造ともいい、全国では、日吉大社にだけみられる特殊な構造です。つまり、三間・二間の身舎の前面、両側面の三方に廂がめぐらされた形で、側面や背面にその特色を見せています。また、正面には、一間の向拝と浜床をつけ、縁高欄がまわりをめぐっています。
天正十四(一五八六)年に復興されたものですが、慶長二(一五九七)年に改造されています。
昭和三六(一九六一)年に国宝に指定されました。」

 

またしても国宝……こんな身近で……いや、本当にありがたいのですが、気をつけていただきたいものです。

 

f:id:bennybebad:20161202231655j:plain

本殿の狛犬さん……反対側は、工事の為近づけず。
「西本宮」境内も、立ち入り禁止の場所がいくつかありまして……写真は少なめとなっております。
うん、残念。

 

f:id:bennybebad:20161202231657j:plain

高い木だ……。

 

f:id:bennybebad:20161202231658j:plain

「西本宮」前の道を奥へと進むと、「日吉山荘」というのがあるそうです。
昭和レトロな雰囲気が漂っております……が、夏場だけなのか、それとも修繕中なのか。
この看板は、是非とも残していただきたい。

 

f:id:bennybebad:20161202231659j:plain

この左のやつは、橋なのでしょうか……誰か落としましたか。

 

f:id:bennybebad:20161202231700j:plain

楼門を別の角度から。

 

f:id:bennybebad:20161202231701j:plain

楼門付近から、参道を。
工事の方の……なのかな……テントがちょっと残念。

 

f:id:bennybebad:20161202231702j:plain

楼門の案内板もあり。
後ろには巨大な猿の絵馬が(多分「御年神」なのでしょう)。

 

「楼門とは、二階建で階上に縁があり、屋根は上の一つしかない形式の門のことです。
西本宮楼門は、東本宮楼門と同様、三間一戸(戸とは出入口のこと)、入母屋造、桧皮葺の建物です。東本宮楼門と比べると、規模は大きく、壮麗です。木部は丹塗を主としたもので、上下の釣り合いがよく、樹の縁によく映えます。四隅には猿の彫刻、前後に極彩色の蟇股があります。
確実な資料はまだ発見されていませんが、天正十四(一五八六)年に造営されたものではないかと推定されています。
大正六年四月五日に国の指定文化財となりました。」

 

f:id:bennybebad:20161202231703j:plain

四隅のお猿さんは……残念ながらはっきり写らず(諦めました)。

 

こちら、「西本宮」楼門内にある授与所で、御朱印をいただきました。

朱印帳も購入したのですが、最初、何も考えずに書いていただいて、張り紙に気づき、「七社全部のもいただけるのですか?」と訊ねると、一瞬神職さんの手がとまり、

 

「最初から押されている御朱印帳もあるのですが……」

 

と。

それもいただこうか、と思ったのですが、「ちょっと時間かかりますけど」と、全て書いていただいてしまいました……下調べ、重要ですからみなさん

 

f:id:bennybebad:20161202231705j:plain

紅葉。

 

f:id:bennybebad:20161202231706j:plain

「西本宮」を振り返り。

 

f:id:bennybebad:20161202231707j:plain

諦めきれない、「宇佐宮」の参道と紅葉。

 

f:id:bennybebad:20161202231708j:plain

あらためて、「白山宮」の参道。

 

f:id:bennybebad:20161202231709j:plain

そこから参道を戻っていきますと、「神猿」さんがおられました。
見えませんね……はい、すみません。

 

f:id:bennybebad:20161202231710j:plain

「神馬舎」も。
こちらは像ですけれども。

 

f:id:bennybebad:20161202231711j:plain

……本当に、今回はどうしたのだか……神社名がさっぱり読めない反射具合……本当申し訳ないというか、改めて行かないと……。

 

f:id:bennybebad:20161202231712j:plain

その隣に、「子安子立社」がありました。

 

f:id:bennybebad:20161202231713j:plain

社務所辺りを振り返ってみました。

 

御朱印は次の通りです。

f:id:bennybebad:20161202231756j:plain

f:id:bennybebad:20161202231757j:plain

f:id:bennybebad:20161202231758j:plain

f:id:bennybebad:20161202231759j:plain

f:id:bennybebad:20161202231801j:plain

f:id:bennybebad:20161202231800j:plain

f:id:bennybebad:20161202231803j:plain

f:id:bennybebad:20161202231802j:plain

 

 

それでは、今回はここまでで〜。