読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

べにーのGinger Booker Club

神社仏閣ラブ(弛め)

近況

8/15。

戦後70年、という中途半端な区切りの年ですが、思い立ったので「愛知縣護國神社」へ行ってきました。

 

○こちら===>>>

www.aichi-gokoku.or.jp

 

f:id:bennybebad:20150817205024j:plain

f:id:bennybebad:20150817205023j:plain

 

驚くほどの晴天。

もたもたしていたので、到着したのは正午を少し過ぎた頃。

黙祷がすでに始まっていました。

70年前も、これほど晴れた空だったのだろうか、と思いを馳せながら参拝。

 

神社仏閣好きなので、どちらかといえば右寄りなのですが、仕事的には左寄りです。

曖昧で申し訳ない。

それで、「靖国神社」についてですが。

私は、国立追悼施設を作るべきではないか、と思っています。

それは、別にA級戦犯分祀しろとかそういうことではなくて(分祀不可能というのが神社の考え方のようですが、私は不可能だと思っていません)。

英霊も含めて、公務上の死亡者が、一宗教法人の神社に祀られていることが疑問だからです。

一番簡単なのは、「靖国神社」を国立にすることなんですが、さすがにそりゃ無理でしょうから。

次善の方策は、国立追悼施設かな、と思うだけです。

でも、これも多分無理でしょうから、「靖国神社」に参拝するしかない、と思います。

もう政治問題になっていますし。

 

大統領が聖書に手を添えて宣誓する国と、総理大臣が神社に参拝する国と、どっちもどっちだと思うのは私だけでしょうか。

 

あと20年もすれば、かの戦争は歴史の中に組み込まれます(当事者がいなくなりますから)。

もはや、記述されるだけのものになります。

はっきり言えるのは、我々は残念ながら、「歴史から学ぶことなどめったにないということです。

「歴史を忘れた民族に未来はない」、とどこかの国の人がおっしゃっていましたが、人間は歴史どころかあらゆることを忘れていきますし、思い出すことといったら都合のいいストーリーばかりです。

 

さてこれから我々は、何を忘れ、何を覚え続けるのでしょう。

 

 

 

f:id:bennybebad:20150817205025j:plain