読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

べにーのGinger Booker Club

神社仏閣ラブ(弛め)

「大正大学すがも鴨台観音堂」

リアルタイムな記事を。

 

2015/4/26。

よんどころない、20周年の宴がありまして、上京していました。

無事宴が済んだ翌日、都内で行ってみたかったところへ。

 

○こちら===>>>

大正大学/11号館

 

f:id:bennybebad:20150426114030j:plain

 

f:id:bennybebad:20150426114107j:plain

 

f:id:bennybebad:20150426114124j:plain

 

こちら入り口。

 

f:id:bennybebad:20150426114200j:plain

八角形と螺旋を模した、扉の文様。

 

中は写真撮影禁止でしたが、いわゆる「さざえ堂」ですので、右回りに三回回ると最上階に到達します。

実際には、2階部分までしか上がれないのですが。

 

f:id:bennybebad:20150426114739j:plain

出口は反対側。

 

f:id:bennybebad:20150426114655j:plain

出口側の扉の文様。

「鴨」を意匠化した、哲学ちっくな感じ。

 

f:id:bennybebad:20150426115110j:plain

外見からも螺旋を描いていることがわかる、なかなかな構造物です。

 

 

○こちら===>>>

補遺補遺・「五百羅漢堂」 - べにーのGinger Booker Club

 

 

↑目黒の「五百羅漢寺」の記事で「さざえ堂」にも触れました。

この記事を書いたときには、すでに大正大学の「さざえ堂」は建っていたのですが、何かタイミングがなくていけていなかったのです。

今回はたまたま、池袋に宿をとったので、行ってきた次第。

 

 

 

もう15年ほど前になりますが、4年ほど巣鴨に住んでいたことがありまして。

巣鴨には「とげぬき地蔵」だけでなく、いろいろお寺があるので、住んでいるうちにじっくり巡っておけばよかったなぁ……と今さら後悔しています。

六義園」も近かったですし、飛鳥山も、雑司ヶ谷も……まだ若かったから……。

 

 

現代では、何てことのない構造ですが、是非とも体感していただきたいと思います。

そして、「三大さざえ堂」の一つでも、行ってみたいなぁと妄想しています……なかなか群馬には……。