読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

べにーのGinger Booker Club

神社仏閣ラブ(弛め)

「諏訪大社」考(オマケ)

忘れ物忘れ物。

 

終わった、と思われたでしょうか。

私もそう思いました、はい。

 

あらかた、

 

○こちら===>>>

「諏訪大社」考(10) - べにーのGinger Booker Club

 

↑前回の話で終わっているのですが。

 

仮に、饒速日命」=「建御名方神だとしますと、「物部守屋」残党が諏訪を選んで逃亡した理由がわかります。

そもそも物部氏の祖神とされている方で、古代からの豪族で、武力にも祭祀にも長けていて、「長髄彦(ながすねひこ)」の親戚で、彼を裏切ってまで天神を招き入れたのに、結局は追放されてしまった方。

……あ、追放された、というのは私の妄想です。

物部氏の方は、彼の息子の「宇摩志麻遅命(うましまぢのみこと)」が、中央に仕えて発展させたのでしょう。

そうすると、「建御名方神」の妻神は、「八坂刀売神」ですが、「長髄彦」の妹の「登美夜毘売(とみやひめ)」(『日本書紀』では「三炊屋媛(みかしきやひめ)」)のことでしょうか。

「建御名方富命」と、「富」が入るようになった背景は、ここにあるような気がしてきます(してきませんか?)。

古事記』にも『日本書紀』にも登場する、古代大和地方最強の武神「長髄彦」が認めた「饒速日命」が落ち延びていたからこそ、「物部守屋」残党は諏訪を目指したのではないでしょうか。

日本書紀』は、「饒速日命」の諏訪落ちを隠蔽しました(都合が悪かったので)。

そもそも、天神でありながら土着の「長髄彦」についた裏切り者ですから。

となると、「饒速日命」が「神武天皇」についた、というのも怪しい伝承です。

古事記』では、「建御名方神」を作り出して、「建御雷神」に敗北したことにして、諏訪落ちしたことは伝えました。

この国譲り神話の場面で活躍したのが「建御雷神(武甕槌神)」ですが。

この方の活躍の場面は他にもありまして、「神武天皇」の東征場面、「建御雷神」は「高倉下」というものに、「フツノミタマ」という剣を授け、「神武天皇」一行にかけられた熊野の神の呪いを解きます。

神代の国譲り神話、そして「神武天皇」東征、と同じような「国を得る(奪う)」場面に登場しているのです。

「建御雷神」の子孫は中臣氏、のちの藤原氏、と言われています。

饒速日命」=「建御名方神」とするなら、『古事記』の国譲り神話の場面では、物部氏の祖先が中臣氏の祖先に大敗を喫したことになります。

また、「神武天皇」東征の場面では、最終的には「フツノミタマ」を得た「神武天皇」が、「長髄彦」を倒しているのですから、ここでも物部氏の祖先は中臣氏の祖先に負けています。

で、これですね。

古事記』や『日本書紀』を作るときに、中臣氏(藤原氏)がねじ込んだ、

 

物部守屋」封じ

 

ではないのかな、と思います。

崇仏排仏論争が起こったときのことを思い出していただきますと。

崇仏派「蘇我稲目」に対抗したのは、「物部尾輿」と「中臣鎌子」でした。

崇仏派「蘇我馬子」に対抗したのは、「物部守屋」と「中臣勝海」でした。

蘇我氏対物部・中臣連合、という図式が見えます。

この時代の三大氏族の争いだったのですが、「中臣勝海」は物部守屋に味方しようと、皇子の死を呪ったが、成就しないと悟って皇子に従った」のに、「舎人の迹見赤檮(とみのいちい)に殺された」のです。

この「迹見赤檮」さん、「中臣勝海」を何故か殺したばかりか、「蘇我馬子」「聖徳太子」連合軍でも大活躍で、最終的に「物部守屋」を殺しています。

物部氏の中でも、全てが「物部守屋」についたわけではないでしょうし、それは中臣氏でも同じでしょう。

しかし、同じ人物が、当時の三大氏族の二大巨頭を殺害した、という部分に作為を感じます。

稀代の武将ともっと取り立てられてもいいような気がする「迹見赤檮」の扱いが、それほどでもないのが気になりますが。

ともかく、「迹見赤檮」は「蘇我馬子」「聖徳太子」連合軍の懐刀で、中臣氏の勢力を削ぐために「中臣勝海」を殺した。

そして、「物部守屋」もまた殺した。

樹上からばんばん矢を射り、敵軍を三度に渡り追い返した「物部守屋」の、その樹の下にあっさりと近づき殺したのです。

この功績で、迹見赤檮」は「物部守屋」の領地から一万田を与えられています。

で、以降ぱったり出てきません。

思うにこの人、「トミ」ですから、実は物部氏系列の人ではなかったのか、と。

しかし、「蘇我馬子」「聖徳太子」連合軍側についていた、と。

例えば迹見赤檮」さん、実は中臣氏派についていた、としたらどうでしょう。

自分の一族だと思っていた「物部守屋」は当然油断して接近を許し、そして殺される。

裏切り者によって殺されたのですから、「物部守屋」の祟りは相当なものでしょう。

このことを隠蔽するために、「中臣勝海」殺害事件がでっちあげられた。

さらに、実際にはそうでなかったのに、「饒速日命」=「建御名方神」を「建御雷神」が諏訪に追い詰め、「神武天皇」東征を「建御雷神」の神威によって成功せしめた、とすることで、「物部守屋」を封じ込めることにした。

 

「上社」の「御頭祭」は、鹿の頭を七十五個も並べる祭です。

狩猟民族系の祭ではないか、と考えられていますが、

 

なぜ、頭だけなのか?

 

獲物がとれたことを神に感謝するためであれば、全身を捧げるはずですし、七十五頭も殺す必要があるのか。

鹿、といえば、「鹿島神宮」、「春日大社」の神使ですね。

どちらも中臣氏=藤原氏氏神、ということになっています。

諏訪の人々にしてみれば、裏切り者迹見赤檮」を操って「物部守屋」を殺したのは、中臣氏だった、という認識があったのではないでしょうか。

そのため、「御頭祭」では、「物部守屋」を慰撫するために、中臣氏=藤原氏の象徴である「鹿の頭」を捧げた、と。

 

また、物部氏氏神である「石上神宮」には、「建御雷神」が「高倉下」に授けた「フツノミタマ」という剣が祭神として祀られています。

香取神宮」の御祭神経津主神」と同じ神格ではないか、と言われています。

また、「建御雷神」も、「経津主神」と同じではないかと言われていたり、国譲り神話では一緒に「大国主命」に国を譲れと迫ったりしています。

「フツノミタマ」を祀ったのは、「饒速日命」の御子神宇摩志麻遅命」ということになっています。

これもですね、「建御雷神」(中臣氏=藤原氏のつかわした「フツノミタマ」迹見赤檮」)が、実際には物部氏で、饒速日命」=「建御名方神(「物部守屋」)を殺した、という意味なのかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

妄想妄想。

 

 

 

 

 

 

 

 

○こちら===>>>

「諏訪大社」考 - べにーのGinger Booker Club

 

↑では、「上社本宮」は、「御柱」の建て方から、「四脚門」から「守屋山」を拝むのが正しいのではないか、という話を紹介しました。

それでは、「上社本宮」、「幣殿」「拝殿」の向こう側の神域には誰がいらっしゃるのか。

おそらくそこが、「物部守屋」を祀った場所なのでしょう(首や体はありません)。

地元の人たちは、あくまで「守屋山」を拝んでいることにしておかなければいけなかった。

後世に、「守屋山」に「物部守屋神社」が建てられたのは、ただのフェイクでしょう。

神域にこそ、「物部守屋」がいらっしゃる。

そして、それとは知らない一般の参拝者が、「幣殿」「拝殿」から拝む。

何の関係もない一般の参拝者が拝むのに、地元の人たちは拝まない。

ある意味で、「祟りを継続させる」ため、つまり

 

物部守屋」に「祟り神」でいつづけてもらうための仕掛け

 

、なのかもしれません。

恐ろしい話ですが、かといって「物部守屋」ですから、そう簡単に成仏するわけにはいかないでしょうしね……いや成仏しないし。

 

 

 

他にもですね、「諏訪大社」の「上中下十三社」のうち「鶏冠大明神」がですね、ある資料では「守矢大臣是ナリ」と書かれているとか、そういえば「薙鎌」って鳥の頭に似ているけどある意味「鶏」の頭じゃないかなとか、まだまだ掘ればいろいろ出てくるのですが、

 

 

諏訪の神: 封印された縄文の血祭り

諏訪の神: 封印された縄文の血祭り

 

 

QED 諏訪の神霊 (講談社ノベルス)

QED 諏訪の神霊 (講談社ノベルス)

 

 

諏訪神社 謎の古代史―隠された神々の源流

諏訪神社 謎の古代史―隠された神々の源流

 

 

善光寺の謎 (祥伝社黄金文庫)

善光寺の謎 (祥伝社黄金文庫)

 

 

↑この辺りが、今回の考察の元ネタですので、是非とも手にとって、それぞれに妄想を広げていただければ、と。

長々と妄想におつきあいいただきありがとうございました。

次回からは、普通の神社仏閣レポートに戻ります。