べにーのGinger Booker Club

神社仏閣ラブ(弛め)

愛知県外

「橋姫神社」〜奈良・京都めぐり〜

10/31。 「平等院鳳凰堂」を堪能し、さてどうしようかとしばらく思案して、京都駅まで電車で行ってお土産を買うことに。 そこで、駐車場から「宇治橋西詰」という交差点に向かって歩いておりましたら、発見しました。 「橋姫神社」です。 ○こちら===>>…

「平等院鳳凰堂」(補)

さて。 京都の有名な寺ともなれば、文献も溢れるようにあるわけですが、とりあえずいつも通りに、 ○こちら===>>> 国立国会図書館デジタルコレクション - 大日本名所図会. 第1輯第1編都名所図会 ↑こちらから引用を(引用にあたって旧字をあらためた箇…

「平等院鳳凰堂」〜奈良・京都めぐり〜

10/31。 目が覚めて、天理市内から宇治までの移動時間を考慮して7時には宿を出ました。 それほど混んでない道を北上し、ぬるっと宇治に入ると、コインパーキングの多いこと。 あれ、こんな街だったっけ……と首をかしげながら車を止めて、「奈良・京都めぐり」…

「石上神宮」(補々々々々々々々々々)

さて、しめたいと思います。 「石上神宮」のことを調べるには「物部氏」のことも知らねばなるまい、ということで、 古代史研究の最前線 古代豪族 作者: 洋泉社編集部編 出版社/メーカー: 洋泉社 発売日: 2015/09/05 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商…

「石上神宮」(補々々々々々々々々)

さてさて。 ○こちら===>>> 「石上神宮」(補々々々々々々々) - べにーのGinger Booker Club ↑前回、どうも「石上神宮」は天皇に祟るようだ、とお伝えしました。 その例が、 ○こちら===>>> 国立国会図書館デジタルコレクション - 六国史 : 国史…

「石上神宮」(補々々々々々々々)

さて。 いろいろと引き延ばし工作をしてきましたが、結局何が書きたかったのかを忘れつつありますので、引用引用(引用にあたって旧字をあらためた箇所あり/判読不能文字は■に置き替える)。 ○こちら===>>> 国立国会図書館デジタルコレクション - 大…

近況

未だ去年の10月の記事を書いておりますが、現実にはもはや年も越し、冬が終わろうとしております。 3/20。 友人の誘いに乗りまして、日帰り京都(おっさん二人地獄の)ツアーに行ってまいりました。 それほど詳しく(執拗に)巡ったり写真を撮ったりしたわ…

「石上神宮」(補々々々々々々)

さ(いは)て。 「垂仁天皇」以後の「石上神宮」ですが、海外記事(主に半島)が増えていくのに連れてなのか、あまり見られません。 一方で物部氏自体は、「物部守屋」に到るまで朝廷内での勢力を拡大していっているようですので、「石上神宮」の力は暗然と…

「石上神宮」(補々々々々々)

さてはて。 日本書紀〈2〉 (岩波文庫) 作者: 坂本太郎,井上光貞,家永三郎,大野晋 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 1994/10/17 メディア: 文庫 クリック: 3回 この商品を含むブログ (8件) を見る 古事記 (岩波文庫) 作者: 倉野憲司 出版社/メーカー: 岩波…

「石上神宮」(補々々々々)

さてみなさん。 ……あ、ガ○○ムフ○○トは始まりません。 日本書紀〈1〉 (岩波文庫) 作者: 坂本太郎,井上光貞,家永三郎,大野晋 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 1994/09/16 メディア: 文庫 購入: 1人 クリック: 17回 この商品を含むブログ (33件) を見る 古事…

「石上神宮」(補々々々)

○こちら===>>> 古代史学者の上田正昭さん死去 京大名誉教授:朝日新聞デジタル ↑古代史学者の上田正明氏が死去されました。 ご冥福をお祈りします。 とはいえ、ちゃんと著書も読んだことないんですけどね。 この方の功罪を云々するのは死者にムチ打つ…

「石上神宮」(補々々)

さてさて。 日本書紀〈1〉 (岩波文庫) 作者: 坂本太郎,井上光貞,家永三郎,大野晋 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 1994/09/16 メディア: 文庫 購入: 1人 クリック: 17回 この商品を含むブログ (33件) を見る ↑の神武天皇即位前紀、勢い勇んでヤマト地方に…

「石上神宮」(補々)

さてさて。 前回の『日本書紀』『古事記』の記述を『古語拾遺』でみてみましょう。 古語拾遺 (岩波文庫 黄 35-1) 作者: 西宮一民,斎部広成 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 2004/02/17 メディア: 文庫 購入: 3人 クリック: 13回 この商品を含むブログ (15…

「石上神宮」(補)

さて。 とりあえずいつもの通りに(引用にあたって旧字をあらためた箇所あり/判読不能文字は■に置き替える)。 ○こちら===>>> 国立国会図書館デジタルコレクション - 大日本名所図会. 第1輯 第3編 ↑『大和名所図会』より。 179コマです。 「石上布留社…

「石上神宮」〜奈良・京都めぐり〜

10/30。 暦の上では桃の節句ですが、ブログの中では10/30。 ああ、半年経ってまう……。 「穴師坐兵主神社」をあとにして、ひた走りますと天理市に。 ぎりぎりになるかな、と思った「石上神宮」ですが、割と余裕で着いてしまった……。 ○こちら===>>> www.…

「穴師坐兵主神社」「相撲神社」(考々々々々々々々々)

そろそろ飽きてきましたので(?)、結論は出ませんが、ぼんやりと終わりにしたいと思います。 「野見宿禰」というのは、伝承では出雲国造家の十四代「襲髄彦」と同一人物である、と言われています。 実在の出雲国造家は二十五代「果安」からではないか、と…

「穴師坐兵主神社」「相撲神社」(考々々々々々々々)

さて。 「蚩尤」が「朱蒙」で「素戔嗚尊」になった、という説を概観しましたが、いろいろと難点がありまして。 兵主神で読み解く日本の古代史 スサノヲ朱蒙─その正体は蚩尤 作者: 皆神山すさ 出版社/メーカー: 梓書院 発売日: 2012/07/10 メディア: 単行本(…

「穴師坐兵主神社」「相撲神社」(考々々々々々々)

さて。 兵主神で読み解く日本の古代史 スサノヲ朱蒙─その正体は蚩尤 作者: 皆神山すさ 出版社/メーカー: 梓書院 発売日: 2012/07/10 メディア: 単行本(ソフトカバー) クリック: 1回 この商品を含むブログを見る ↑こちらで紹介されている、「蚩尤=兵主神→…

「穴師坐兵主神社」「相撲神社」(考々々々々々)

さ〜て来週の『○○○さん』は〜? たまには変わった入り方を……。 兵主神で読み解く日本の古代史 スサノヲ朱蒙─その正体は蚩尤 作者: 皆神山すさ 出版社/メーカー: 梓書院 発売日: 2012/07/10 メディア: 単行本(ソフトカバー) クリック: 1回 この商品を含むブ…

「穴師坐兵主神社」「相撲神社」(考々々々々)

更新が滞っておりますが、『MHX』で炭鉱夫に忙しいわけではありません……考えがなかなかまとまらないもので。 さて。 百鬼解読 (講談社文庫) 作者: 多田克己,京極夏彦 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2006/08/12 メディア: 文庫 購入: 1人 クリック: 11回 …

「穴師坐兵主神社」「相撲神社」(考々々々)

さてみなさん。 あ、いえ特に意味はありません。 「野見宿禰」の末裔の土師氏ですが、 続日本紀(下) 全現代語訳 (講談社学術文庫) 作者: 宇治谷孟 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 1995/11/06 メディア: 文庫 購入: 3人 クリック: 12回 この商品を含むブロ…

「穴師坐兵主神社」「相撲神社」(考々々)

※風邪気味でぐったりしていました。みなさまもご自愛ください。※ ※ミスって編集途中でアップロードしてしまいました。m(_ _)m※ さてさてさて。 「相撲神社」のほうがほったらかしだったので、そちらに。 ネット上でいろいろと起源を検索してみたのですが、は…

「穴師坐兵主神社」「相撲神社」(考々)

さてさて。 「兵主神」は「蚩尤」なのか? というところで前回は終わっておきましたが。 「蚩尤」というと、今では、 キングダム 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL) 作者: 原泰久 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 2012/06/22 メディア: Kindle版 この商…

「穴師坐兵主神社」「相撲神社」(考)

さて。 ○こちら===>>> 国立国会図書館デジタルコレクション - 大日本名所図会. 第1輯 第3編 ↑より引用します(引用にあたって旧字をあらためた箇所あり/判読不能文字は■に置き替える)。 185コマです。 「穴師兵主神社穴師村の東、弓月嵩にあり。[神…

「穴師坐兵主神社」「相撲神社」〜奈良・京都めぐり〜

※ちょっと出費をして、 先代旧事本紀 現代語訳 作者: 安本美典,志村裕子 出版社/メーカー: 批評社 発売日: 2013/10 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る ↑を買いました。 現代語訳なんですが、ひとまずということで……あとは『新撰姓氏録』と神道五…

「大神神社」(考々々々々々々々)

さて(*8)。 『日本書紀』『古事記』の国譲りの場面での描写ですが、よく考えてみると、 「時に、神しき光海照して、忽然に浮び来る者有り。曰はく、「如し吾在らずは、汝何ぞ能く此の国を平けましや。吾が在るに由りての故に、汝其の大きに造る績(いたは…

「大神神社」(考々々々々々々)

さて×7。 そろそろ飽きてきたと思われますので(誰が?)。 ○こちら===>>> 国立国会図書館デジタルコレクション - 大日本名所図会. 第1輯 第3編 ↑『大和名所図会』から引用します(引用にあたって旧字をあらためた箇所あり/判読不能文字は■に置き替え…

「大神神社」(考々々々々々)

さて×6。 ○こちら===>>> 国立国会図書館デジタルコレクション - 三輪叢書 ↑前回も引用した『三輪叢書』より、「社記」という部分を(引用にあたって旧字をあらためた箇所あり/判読不能文字は■に置き替える)。 ※「社記」以外の引用は、■色にします。※…

「大神神社」(考々々々々)

さて×5。 「崇神天皇」の時代にからんで「大物主神」が登場するのは、「崇神天皇」の宮が「磯城瑞籬宮」といって、三輪山の麓にあったと伝えられているからでしょう(その後二代の宮は、三輪の近くの纒向に置かれていますので「崇神」「垂仁」「景行」の御代…

「大神神社」(考々々々)

さてさてさてさて。 だんだんと、記紀神話の講義みたいになってきましたが、めげません(?)。 古事記 (岩波文庫) 作者: 倉野憲司 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 1963/01/16 メディア: 文庫 購入: 6人 クリック: 68回 この商品を含むブログ (69件) を…

「大神神社」(考々々)

さてさてさて。 日本書紀〈1〉 (岩波文庫) 作者: 坂本太郎,井上光貞,家永三郎,大野晋 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 1994/09/16 メディア: 文庫 購入: 1人 クリック: 17回 この商品を含むブログ (32件) を見る 記紀神話のおかしな部分の一つに、国譲り…

「大神神社」(考々)

さてさて。 前回の続き、「大物主神」出現の場面ですが、 古語拾遺 (岩波文庫 黄 35-1) 作者: 西宮一民,斎部広成 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 2004/02/17 メディア: 文庫 購入: 3人 クリック: 13回 この商品を含むブログ (15件) を見る ↑『古語拾遺』…

「大神神社」(考)

さて。 ○こちら===>>> 国立国会図書館デジタルコレクション - 大日本名所図会. 第1輯 第3編 ↑『大和名所図会』の188コマの記事より(引用にあたって旧字をあらためた箇所あり/判読不能文字は■に置き替える)。 「三輪山一名三諸山、又神並山といふ。…

「大神神社」(続々々)〜久延彦神社・大直禰子神社〜奈良・京都めぐり〜

さてさてさて。 すでに午後に入り、相変わらず食事をしている暇もない旅ですが、「山の辺の道」を戻ります。 (道中略)。 「狭井神社」の辺りから、「大三輪の杜」という公園のようなところに向かいます。 そこの展望台から。 うっすら大鳥居の向こうに見え…

「大神神社」(続々)〜「山の辺の道」〜「檜原神社」〜奈良・京都めぐり

さてさて。 どうやら徒歩で20分らしい「桧原神社」へ向かいます。 「由来 桧原神社は元伊勢といわれています。 御祭神 天照大御神さまは初代神武天皇から第九代開化天皇の御代迄 それぞれの皇居でお祀りされておりました。 第十代崇神天皇の時「同床共殿の神…

「大神神社」(続)摂社→「狭井神社」〜奈良・京都めぐり〜

さて。 参集殿と祈祷殿の間を抜けて、北へ向かいます(南側の摂社は諦めます<涙)。 時間的にですね……ちょっと無理かなと。 最初にあるのが「活日神社」。 「御祭神 高橋活日命 御例祭 四月四日 (御由緒) 御祭神の高橋活日命は崇神天皇に命じられ、大物主…

「大神神社」〜奈良・京都めぐり〜

10/30。 「久米寺」を後に向かったのは、奈良に来たならもう行かねばなるまい、の「大神神社」です。 ○こちら===>>> oomiwa.or.jp 予定では「大神神社」の後に、「石上神宮」まで上っていく(途中でちょっと寄り道)だったので、どのくらい居られるか…

「久米寺」「久米御縣神社」〜奈良・京都めぐり〜

10/30。 「橿原神宮」の参拝を終え、それだけでは寂しいので移動。 ここで「神宮天皇陵」になぜ行かなかったのかが疑問なのですが、近鉄南大阪線の線路を渡った先にある、「久米寺」を目指します。 ○こちら===>>> www3.pref.nara.jp これ何だったか………

「橿原神宮」〜奈良・京都めぐり〜

※世の中はクリスマスイブですが、知ったこっちゃありません。※ 10/30。 遅い盆休みを消化するよう指令が出たので、昨年は電車で出かけた奈良に車で向かうことに。 朝6時頃に家を出て、東名阪から奈良県入り。 最初の目的地は「橿原神宮」。 ○こちら===>…

「元善光寺」&「麻績神社」

9/19。 シルバーウィーク、どこかに行かねば……しかしそう遠くに行くこともあるまい、と思いまして、そういえば「六善光寺」制覇(?)してなかったな……ということで、「元善光寺」へ。 ○こちら===>>> 元善光寺 | 一度詣れよ元善光寺 善光寺だけでは片…

「富岡八幡宮」「深川不動」(東京都江東区)〜関東巡り〜

8/23。 昨夜は、学生時代の友人たちと会合。 結構飲んだのか……そうでもないのか……記憶はあやふやですが。 しゃっきりせずに起き出して、本日のよんどころない要件まで間がありますので、「富岡八幡宮」に出かけることに。 ○こちら===>>> www.tomiokaha…

「西新井大師(五智山遍照院總持寺)」〜関東巡り〜

8/22。 「鷲宮神社」を堪能して、あとはもう都内に戻るだけ。 とはいえ、約束の時間まではもう少しあるので、あと一箇所くらい……と思い赴いたのは、「西新井大師(五智山遍照院総持寺)」。 ○こちら===>>> www.nishiaraidaishi.or.jp 東武線で西新井駅…

「鷲宮神社」(続々)〜関東巡り〜

さてさて。 ○こちら===>>> 国立国会図書館デジタルコレクション - 埼玉叢書. 第3巻 名所図会系に「鷲宮神社」の記事が見つけられなかったので、↑から。 103コマです(引用にあたって旧字をあらためた箇所あり/判読不能文字は■に置き替える)。 「『武…

「鷲宮神社」(続)〜関東巡り〜

さて(以下、引用にあたって旧字をあらためた箇所あり/判読不能文字は■に置き替える/また、神名については『古事記』『日本書紀』から適当に用いているので、混同があるとつっこまないでくださいね)。 「鷲宮神社」でいただいた由緒略記によれば、 「当神…

「鷲宮神社」(埼玉県久喜市)〜関東巡り〜

8/22。 「曹源寺」で「さざえ堂」を堪能し、ほっこり満足。 東京に戻る途中で伊勢崎線を下りまして、向かったのは「鷲宮神社」。 ○こちら===>>> 鷲宮神社* 相変わらず予備知識がないまま、スマートフォンの地図アプリを頼りに神社に向かいます。 橋を…

「曹源寺」(群馬県太田市)〜関東巡り

8/22。 二泊三日の旅程を立てての関東巡り。 二日目がメインイベントその1、行き先は群馬県太田市! 「曹源寺」です。 ○こちら===>>> http://www.geocities.jp/ootashisazaedou/sou.htm ↑……今HPをみたら、「平成27年9月から29年まで、補修工事のため…

「愛宕神社」(東京都港区)〜関東巡り

8/21。 「豪徳寺」を離れ、先ほど立ち寄った小田原「大稲荷神社」で仕入れた情報のため、「愛宕神社」へ。 ○こちら===>>> 愛宕神社 虎ノ門駅で降り、やや危うい空を見上げながら、スマートフォンの情報を頼りにしばらくふらふら……何やら高架っぽいとこ…

近況〜奈良・宇治めぐり

10/30〜31。 遅い夏休みを一日消化しろ、と職場から言われたもので、奈良から宇治をめぐってきました。 昨年の今頃は、奈良〜大阪ライン(奈良は、奈良駅近辺)で電車移動でしたので、今回は車で行こうかと。 初日は、早朝に名古屋を出発し、寒さにやや震え…

「大?山豪徳寺」(世田谷区)〜関東巡り〜

8/21。 小田原を後にして、伊勢原を通り過ぎ(さらば大山……)、さてどちら方面へと考えていて、そのまま小田急に乗っていくことにしました。 降りたのは豪徳寺駅。 行き先は、「大?山豪徳寺」。 ○こちら===>>> 豪徳寺 - Wikipedia wikipediaしかなかっ…

「大稲荷神社」(小田原)〜関東巡り〜

8/21。 盆休みを消化せよ、という職場からの命令と、よんどころない事情のために関東に向かうことにしました。 こだまを小田原駅で降りたのは、「大山阿夫利神社」に行くつもりだったからなのですが……なんとケーブルカーが運休。 事前に調査していなかった私…